ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

I-O Data、「CDレコ」のAndoridアプリをv2.0にアップデート、音楽CDの作成やFLAC/AAC 320kbpsでの圧縮などに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

I-O Dataは7月18日、Android用CDドライブ「CDレコ」の公式Androidアプリをv2.0にアップデートしました。本日リリースされたv2.0は、同社が7月1日に予告した音楽CDの作成、FLACのロスレス形式やAAC 320kbpsでの圧縮への対応、Gracenoteを利用した曲情報の取得やアルバムアートの自動取得といった様々な新機能を追加したメジャーアップデート版です。アプリを最新版にアップデートすることで、本体側のファームウェアアップデート無しに次のような新機能を利用できるようになります。取り込んだ楽曲のCD-R/CD-RWへの「書き出し」(Android 4.1未満は非対応)CD書き出し時に楽曲の音量を平均化する機能追加FLAC Level5(ロスレス圧縮)形式での取り込みに対応320kbpsのAAC形式取り込みに対応曲情報の取得精度の向上(Gracenote)アルバムアートの自動取得(Gracenote)取り込む楽曲の保存先の指定「CDレコ」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSが2014年上半期の国内タブレット販売シェアでAppleを抜きトップに立つ(BCNランキング)
Xperia Z2(D6503)の17.1.2.A.0.314ビルドへのアップデート内容が公開
NTTドコモ、Xperia Z1を「MNP特別割」に追加、2013年冬モデル6機種の月々サポートを増額

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。