ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんな物まで作ってたの!? 『SANSUI』ブランドの意外な製品

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


7月9日、世界的オーディオ機器メーカーの山水電気が、約3億5000万円の負債を抱えて、東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

山水電気は1944年に創業。1980年代のオーディオブーム時代にはステレオアンプを中心に500億円以上の売上があったこともある世界的音響機器メーカーとして知られたが、その後のブームの衰退やデジタル化の波などで経営が悪化。イギリスや香港の企業からの支援を受けて経営再建を目指したが、ついにその歴史に幕を下ろすこととなった。

ところで、日本では堅実なアナログアンプのイメージしかない『SANSUI』だが、実は他にもさまざまな製品を販売していたことをご存知だろうか。特に香港資本が入って以降の中国市場向け製品はバラエティ豊か。では、中国の大手オンラインストアで販売されている『SANSUI』ブランドのカオスっぷりをご覧いただこう。






圧力鍋、電磁調理器、電気ケトル、ドライヤー、液晶プロジェクター。家電全般がそろっている。「¥」は円じゃなくて元。どれも安すぎて不安になるレベルだが、ユーザーレビューはいいので一応問題なく使えるのだろう。



歩数計やBluetooth機能の付いたカラフルな健康腕時計と、16.5インチ超薄型ポータブルDVDプレーヤー(約4800円)。デザインセンスは悪くない。『アナ雪』の画像をはめ込んでいるのは問題ないのだろうか。


全取扱商品中、最高価格のフロア型スピーカー。約93万円。音響機器メーカーのスピーカーだから悪くはないのだろうが、これならもう少し出してB&Wとかを買いたくなる価格帯だ。


詳しくは説明できない“MP4プレーヤー”。約4800円。これらの怪しげな中国向け製品は、中国における『SANSUI』ブランドの製造・販売を担う『山水电子』の手によるもの。さすが中国としか言いようがない。

画像:『天猫』および『成都銀行』より引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP