ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界最薄9.3mm! 無料ビデオ通話も可能になった『iPhone 4』は6月24日発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

iPhone 4


アップルは、サンフランシスコで開いた開発者会議(WWDC)で『iPhone 4』をついに発表しました! 新しい『iPhone 4』は、前機種『iPhone 3GS』より24%も薄型化し、スマートフォンでは世界最薄の9.3mmを実現。Wi-Fiネットワークを利用した無料ビデオ通話『FaceTime』を搭載したほか、新OS搭載によりマルチタスクも可能になっています。デザインは丸みを帯びたデザインから、ソリッドなスタイルに変化しています。

アップルCEOのスティーブ・ジョブズ氏は「初代『iPhone』から最も大きく飛躍した新製品だ」と紹介しましたが、たしかに昨年の『iPhone 3GS』の発表時とは比べものにならないほど、『iPhone 4』には派手な新機能が盛り込まれています。

iPhone 4

前面と背面の2ヵ所にカメラを搭載。Wi-Fiネットワークを経由して無料でビデオ通話を楽しめる『FaceTime』で、『iPhone 4』の画面に映し出される相手の顔を見ながら会話を楽しめます。また、背面のカメラがとらえた映像と、前面のカメラに映る映像をタップひとつで自由に切り替え可能。臨場感あふれる通話を楽しめます。ディスプレイは、326ppi(pixel per inch)の『Retina Display』を採用し、前機種の4倍そして『iPad』の78%にあたる高解像度を実現。画像や動画はもちろん、文字も非常にシャープで美しく表示します。

カメラは、解像度500万画素、5倍デジタルズームとLEDフラッシュを搭載。HD動画の録画も可能になり、「『iPhone』はカメラに弱い」という初期の印象を打ち破りました。『FaceTime』での通話はもちろん、写真や動画撮影も高画質になり『iPhone 4』の画面は革命的に変化しそうです。また、『App Store』で販売される『iMovie for iPhone』を購入すれば、『iPhone 4』上で動画編集も可能。『iMovie for iPhone』の価格は4.99ドルです。

また、新しいOS『iPhone OS4(iOS4)』では、かねてからのウワサ通りマルチタスキングが可能になりました。複数のアプリケーションを同時に使用しながら、一瞬で切り替えられますので操作性が高くなります。しかも、マルチタスキングによって使用中のアプリケーションのパフォーマンスの低下やバッテリーの浪費もありません。ちなみに、『iPhone 4』のバッテリー駆動時間は、通話で約7時間、ブラウズで約6時間、待受けは約300時間とパワーアップしています。

『iPhone 4』のカラーはブラックとホワイトの2色、16GBモデルは199USドル、32GBモデルは299USドル、アメリカをはじめとした5ヵ国(日本)では予約受け付けは6月15日からスタートし、6月24日に発売を予定しています。『iOS4』は、『iPhone 3GS』2009年秋以降の『iPod touch(32GB/64GB)』でも利用可能です。
 
 

■関連記事
東京メトロのフリーマガジン『Metro min.』が『iPhone/iPad』に対応! 動画コンテンツ版も発売へ
『iPod/iPhone』をどこでもフックできる Dockコネクター用カラビナストラップ
好きな具材をギュッと巻こう!玉子焼やかんぴょうで “太巻き”を作る『iPhone』アプリ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。