ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「今度は赤くない!」という声も……宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』のBlu-rayディスク発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

7月16日、世間は『アナと雪の女王』のBlu-ray&DVD発売ということで賑わっているようだ。一方で同日、宮崎駿監督の2001年の作品『千と千尋の神隠し』のBlu-rayも発売となった。

日本の映画興行成績にて、歴代トップの記録を誇る『千と千尋の神隠し』。2003年1月24日にテレビで初放映された際には46.9%というとんでもない視聴率を叩き出した。一方で、発売されたDVDの映像の色彩が全体的に「赤みが強い」と大いに話題になる。前述のTV放映の際も、明らかに赤いということで当時ネットでも祭りになったものである。10年以上経った今でも、そのことについて不信感を持っている方もいる模様。

今回発売されたBlu-ray、ネット上では「今回は赤くない!」との声があがっている。

ちなみに、この『千と千尋の神隠し』のBlu-ray は7月2日に発売された「宮崎駿監督作品集」にも収録されており、そちらも赤くないとのこと。しかし、コチラはASKA容疑者が逮捕されたことで収録予定だった作品の『On Your Mark』が削られてしまい、『Amazon』レビューは大荒れとなっている状態である。

※画像は『千と千尋の神隠し』Blu-rayのジャケットより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP