体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ろくでなし子さんの逮捕に思う(弁護士 伊東良徳)

ろくでなし子さんの逮捕に思う(弁護士 伊東良徳)

今回は伊東良徳さんのサイト『庶民の弁護士 伊東良徳のサイト』からご寄稿いただきました。

ろくでなし子さんの逮捕に思う(弁護士 伊東良徳)

ここがポイント
女性器を隠すことが望ましくないという運動の活動家と支援者間での女性器データのやりとりは「わいせつな」電磁的記録の頒布なのか?
仮に刑法上わいせつ電磁的記録頒布に当たるとしても、その実態は何ら恥ずべきことではないと思う
私たちはこれを一種の政治犯と扱うべきではないか

報道によれば、警視庁は「ろくでなし子」のペンネームで活動する漫画家(以下、ろくでなし子さんと呼びます)を逮捕していたことを、2014年7月14日に発表しました。報道によれば、被疑事実は、3Dスキャンした自分の性器のデータを2014年3月20日に香川県在住の30才の会社員に提供したのを始め32人にダウンロードさせたというものです。

私は、この報道を見て、違和感を覚え、ろくでなし子さんの活動と被疑事実について少し調べてみました。その結果、ろくでなし子さんの逮捕とその報道にさらに強い違和感を持ちました。私自身、これまでろくでなし子さんのことをまったく知りませんでした。ここで書くことは今日(2014年7月14日)一日でネットで調べただけですから、思い違いもあるかも知れませんが、その節はご容赦ください。

はじめに

私が感じた大きな疑問は、まず警視庁の言う(と報道されている)被疑事実とろくでなし子さんの活動全体を見たときの意味づけの落差、その中で女性器データの提供は「わいせつな」電磁的記録の頒布といえるのか、にあります。そして、そういった批判的な検討をせずに、ろくでなし子さんを「自称芸術家の女」などとして警視庁の発表をそのまま垂れ流すマスメディアの姿勢に呆れます。

事件の全体像とろくでなし子さんの活動

ろくでなし子さんは、逮捕容疑の元になったボート作成の企画書によれば、自身の女性器の形が異常ではないかと悩み(自分が異常なのだと思い整形外科に行ったそうです)、それは女性器が常に隠されその基本形がわからなかったためであると思い至ったこと、女性器が必要以上に隠されてきたためにいやらしさが増幅し女性にとっては単なる体の一部なのにセックスや卑猥なイメージを勝手に与えられてきたと感じたことから、女性器をもっとPOPにカジュアルに日常に溶け込めるようにと、女性器をモチーフにした作品を作り発表してきたそうです。

ボート作成の企画は、女性器のイメージを日常化し広める創作活動の一環として、自らの女性器をかたどったボート(カヤック)を作成して多摩川に浮かべるなどのデモンストレーションをするため、その制作資金の寄付を募集するとともに3000円以上の寄付をした人にボート作成に使用するために3Dスキャナーでスキャンする自らの女性器のデータを提供する(ついでに言えば5万円以上寄付した人にはスキャン現場に立ち会わせる)と約束した(なお、募集に当たっての特典はそれだけではなく、お礼のメッセージ、ポストカード提供、進水式への招待等他のものもあり、データの提供はその一部です)ところ、2013年6月18日の募集開始から1週間で募集目標の51万4000円に達しましたが、加工業者との打ち合わせで予想よりも技術的に難しい点があり制作費用がさらにかかる可能性があるので募集を続行し、9月6日には100万円に達して打ち切りになったそうです。企画書のページの記載からすると、3000円以上寄付してデータ提供権を得たのは110人、5万円以上を寄付して立会権を得たのは5人のようです。2013年9月7日に3Dスキャンが実施され、10月にそのデータがサイトにアップされて寄付者にメールでURLが告知されてダウンロード可能となり、2014年3月18日にろくでなし子さんが迷惑メールフォルダのメールを確認したらそれまで気がつかなかった数人からの「出資したのにデータをもらっていない」という問い合わせがあり改めてURLを送信したようです(それが報道されている3月20日にダウンロードした香川県の会社員なんでしょうね)。2013年10月19日には多摩川で進水式が行われ、参加者の集合写真もブログにアップされていますが、見た目で判断する限りは参加者の過半数が女性です。ブログの記事によれば集めた100万円はボートの制作費用と協力者への謝礼、お披露目イベントで使い果たしてむしろ赤字となったそうです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。