ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【デザイン知識不要】誰でも簡単にオリジナルのカスタムフォントが作成可能に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手書きにしろ、デジタル文字にしろ、美しい文字を見ると気持ちがよいものだ。印刷したときの仕上がりが気になる人、既存のフォントでは満足できていない人には、オリジナルのフォントが作成できる「Prototypo」がおすすめだ。

「Prototypo」は、オープンソースのオンラインフォントエディター。アプリをダウンロードする必要はなく、サイトにアクセスするだけでいつでも利用可能だ。このたび資金調達プラットフォームKickstarterで、目標額1万2千ポンドを大幅に上回り、3万4千ポンドの投資資金を集めた。例えユーザーにデザインの知識がなくても、このツールを使えばオリジナルのフォントが作成できる。

いろいろな字体から選択して、文字の縦、横の長さを調整したり、太さを変えたり、斜めにしたりできるだけでなく、1つ1つの文字にクローズアップして、文字の一部分の角度を微調整する……なんてことまでできてしまう。

「Prototypo」の特徴は、文字の編集にスライダーバーを使う点。文字幅を広げたり、字間を縮めたり、あるいは1つの文字だけ大きさを変更したり……といったことが、視覚的にわかりやすく、誰でも簡単に操作できる。

趣味で使う人からプロまで、幅広い人が使用できるよう、20を超えるパラメーターで調整が可能になっている。作成された文字はSVG形式で出力され、他のフォントツールFontForgeなどで使用することもできるという。

「Prototypo」は年間9~12ポンドで利用できる課金形態を検討している。難しい知識は不要で、とにかく誰でも簡単にオリジナルのフォントが作れるのは、大きな魅力だろう。

Prototypo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP