ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソーシャルゲームのモンスターデザインがFF14の丸パクリと話題に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』に登場するモンスターが『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』に登場するモンスターにそっくりだと話題になっている。

そっくりだと指摘されている元のモンスターは『FF14』に登場する「焔神イフリート」と「アルテマウェポン」である。ただ似ているだけでなくポージングまでそっくり。『FF14』をプレイしている人からしたら新たなモンスター誕生かと思ってしまうくらいである。

『グランブルーファンタジー』は元『ファイナルファンタジー』制作陣が開発しているサイゲームス開発のゲーム。アートディレクターの皆葉英夫、サウンドディレクターの植松伸夫など元『ファイナルファンタジー』制作陣が関わっているのがわかる。

しかし元『ファイナルファンタジー』制作陣が関わっていてもキャラクターの著作権はスクウェア・エニックスの物になる。

イラストレーターが同じだから絵柄が似てしまう → 問題無し
他のゲームのキャラクターを意識しており構図までそっくり → グレー

こういうことになる。

過去の作品から見てもソーシャルゲームはほかの物からの流用が多いように思われるが、こういった真似文化が当たり前なのだろうか。

GREEのゲームはパクリだらけ? そんな疑惑ゲーム一覧
http://getnews.jp/archives/115930

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP