ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平和主義は思考力を蝕む(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

平和主義は思考力を蝕む(メカAG)

前から思ってたし過去何度かブログでも書いてきたけど、最近改めてその恐ろしさを認識したね。平和主義というのは健全な思考力にいかに足かせをはめるか。

いくらもともとの頭がいい人でも、戦争とか人権が絡むと、途端に頭の回転が鈍くなってしまう。そして本当に怖いのはそれが本人の自覚のない、一見全然関係のない思考の部分にも影響を与えること。

人間の思考というのは複雑に絡み合ってるから、意識上はわからないような無関係な部分の思考にも影響を与える。脳の3分の1ぐらいは動いてないんじゃないか?と思うほど。

   *   *   *

行動に移すかはともかく、頭の中で思考している状態ではあらゆる先入観や常識、自分が設定している価値観を、いつでも取り払えるようにして置かなければならない。

あらゆる思考のリミッターを外して自由奔放に思考することが必要。差別や虐殺なども例外ではない。そして思考した後に、改めて自分が持つ価値観(常識)に当てはめて、最終的にどういう結論を選ぶかを決める。

そうしないと自分の広大な思考のフィールドの中に「食わず嫌い」的な部分があちこちにできてしまって、思考の中を歩くのに差し障りが出るんだよね。

   *   *   *

たとえば差別的な思考の中にも有益な思考のパーツ(パターン)は存在する。もしそこにしかないパターンなら、やっぱそれを発掘し、役に立つ場面では利用した方がいい。それはあくまでパーツであって、それ自体は有害ではないのだから。

(最近よくたとえに出すけど)原住民の秘薬から、純粋に有益な化学物質を精製するようなものだ。猛毒も上手に使えば薬になる。

そういう価値のあるものを、戦後の平和教育が、他の部分と一緒の丸ごとくずかごに捨て去っているのを見ると、非常にもったいない。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年07月14日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP