体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2014夏アニメ】ゲネプロで手応えバッチリ! 『みならいディーバ(※生アニメ)』いよいよ放送開始!

みならいディーバ

史上初かもしれない生アニメ『みならいディーバ』が7月14日、いよいよ放送開始となる。『みならいディーバ』とは、音声合成ソフト『ヴァーチャルディーバ』シリーズの蒼井ルリ(CV:村川梨衣)と春音ウイ(CV:山本希望)が有名になるべく、自分たちで代表曲を作っていこう! というアニメだ。放送1週間前の7月7日、放送本番と同じ時間に本番同様の環境でリハーサルを行うゲネプロが公開されたので、そちらの様子をお伝えする。

『みならいディーバ』において一番気になるのは“生アニメ”という部分なのではないだろうか。この作品では、アニメにおいて最も重要といえるアニメーションの作画部分をモーションキャプチャーのCGで構成しており、そのモーションを声優自身が担当している。ちなみに、キャストが装着しているモーションキャプチャー用のスーツやその他周辺の機材は、軽く車が買えるぐらいの高価な機材が使用されているというので驚きだ。

2人

また、アニメーションだけでなく、キャラクターに命を吹き込む声も声優自身が動きながら演じており、作品のテーマである作詞も『Twitter』と連動してリアルタイムで作っていくという、ほぼ全てがその場で作られていく恐らく史上初となる生アニメなのだ。さらにはBGMも鍵盤で生演奏しており、もはやアニメという枠組みを超えた何かなのでは、とすら思える。

本番前

スタジオに入るとさながら本番直前のテレビや『ニコ生』などの生放送スタジオのような独特の緊張感が走っていた。ギリギリまで機材などの調整を行ってオンタイムで放送をスタートさせるというのは、アニメ制作関係者ではなかなか経験することのない独特の現場環境であろう。

何が起こるかドキドキのアニメ! これは新感覚!

番組中

番組では終始歌詞作りに専念する蒼井ルリと春音ウイ。前半のさえずりパートでは、『Twitter』のハッシュタグで寄せられたコメントを読みながら、独自の解釈でストーリーを練り上げていく。登場人物や、人物の行動、周囲の状況などのヒントをコメントから拾い上げ、そこから付け足したりしながら設定を固めていくという方法で作詞していった。

記者会見

後半のはばたきパートでは、ゲネプロを観覧していた記者からの質問に放送上で答えるという公開記者会見が行われた。「大変なことはなんですか?」という質問に対し、村川さんは「自意識の持って行き方」、山本さんは「最先端技術を身にまとっているので、立ち位置など気をつけなきゃいけないこと。あとは面白いことをしないと放送に使ってもらえないこと」と回答。続いて、春音ウイは「ルリちゃんは動きが面白いので、私はルリちゃん以上に頭を捻らなきゃいけないこと」、一方の蒼井ルリはというと基本的に動いているのが楽しいそうだ。

歌唱指導
1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。