ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「フチ子」のタナカカツキとアニメーションに浸る夜 「アニメの時間」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


タナカカツキの「アニメの時間」 ロゴ
7月29日(火)、東京・渋谷のアップリンクにて、「コップのフチ子」の生みの親としても知られるマンガ家・タナカカツキさんによる「タナカカツキの『アニメの時間』第一回」が開催される。

記念すべき第1回は、気鋭のアニメーション作家4組を招き、アニメーション作品の上映とトークイベントが行われる。

また、イベント終了後には懇親会も予定されており、タナカさんや各作家と直接話ができる機会が設けられる。

チケットは1,500円で、イベント当日7月29日の1時30分までPeatixにて販売される。

4名の気鋭アニメーション作家

第1回目を飾るのは、水尻自子さん、ひらのりょうさん、最後の手段平岡政展さんの4組の気鋭アニメーション作家たち。

水尻さんは身体の一部などをモチーフにした柔らかな表現を得意とする作家で、2013年に「布団」で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞。

水尻自子/trailer | FUTON | 布団

ひらのさんは、2011年に文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞や、シンガーソングライター・七尾旅人さんのMVを手がけるなど、多方面で活躍しているアニメーション作家。

ひらのりょう/七尾旅人(TAVITO NANAO) “TELE〇POTION” (Official Music Video)

有坂亜由夢さん、おいたまいさん、木幡連さんの3人組の映像作家チーム・最後の手段は、MVやショートフィルムの制作をメインに、CDジャケットなどのグラフィックデザインやVJ活動など、多岐にわたる活動で注目されている。

最後の手段/最後の新世界

平岡さんは、アニメーターとしてでんぱ組.incの「でんでんぱっしょん」などのMVに参加したり、自主制作ショートフィルム「Land」でVimeo Staff Pickに選出されるなど、いま注目のアニメーター・ディレクターだ。

平岡政展/阿部義晴 「白い虹」 Music Video

マンガ家として活動する傍らアニメーションへの造詣も深いタナカさんと、4組の若手作家によって、どんなトークが繰り広げられるのか。また、第2回以降の展開にも注目だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP