ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野々村竜太郎氏がブログに掲載したお詫び文を削除! 事実上「お詫びの撤回」に?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

不自然な支出で問題視され、議員辞職をした野々村竜太郎氏。彼は2014年7月12日に「辞職に伴うお詫び等」というタイトルで、自身のブログにお詫び文を掲載した。

シャア・アズナブルやクロロ・ルシルフル、ギレン・ザビ、フォレスト・ガンプなど、そのほか多くの人達から応援コメントが書き込みされ、大きな注目を集めた。しかし、なぜか「辞職に伴うお詫び等」の記事を削除。

7月12日に掲載した野々村氏のお詫び文は、掲載された直後からインターネット上で話題となった。その内容が弁解だったり、意味不明だったり、あまりにも不可解すぎる内容だったからである。

<お詫び文の一部を引用>
「最後に、子どものように号泣しましたのに加えて、政務活動費が議員活動全体に比較すれば小さいことと発言したことを含め、政務活動費収支報告も議員活動全体も同様に重要だと改めて表明すると共に、本当に誠に心からお詫び申し上げます」

だが、お詫び文を掲載して数時間後、なぜかブログから削除された。消した理由はわからないが、消したからには事実上「お詫びの撤回」という事になる? もしかすると、第三者に校正してもらい、改めて掲載するのかもしれない。

多数の人達から応援メッセージが書き込まれていただけに、お詫び文の削除は物議をかもしそうだ。

野々村竜太郎オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nonomuraryutaroblog/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP