ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「岩盤規制」は新たなビジネスチャンスの宝庫[連載:岩盤規制(2)]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「岩盤規制」は新たなビジネスチャンスの宝庫

 農業、医療、福祉、教育、エネルギーなど、さまざまな分野の「岩盤規制」で、「特定利権」の利益が守られ、一方、多くの「消費者」の利益が害されている……ということを前回の記事でお話ししました。

 例えば、参入規制によって新たな事業者の参入が抑制されれば、すでに参入している事業者(既得権者)は、新規参入による競争に直面することなく、ビジネスを続けることができます。競争がなければ、事業者が値段をつりあげたり、商品・サービスの質を低下させたりといったことが起きても、消費者には選択の余地がありません。このため、消費者の利益が害されるのです。

 これは、別の見方をすれば、新たなビジネスチャンスが害されている、ということでもあります。

 新たな事業者が、独自のアイディアや技術を持ち込んで、参入する可能性が奪われているのです。

 日本では新規開業が少ない、と指摘されることがあります。

 たしかに、OECDの”Measuring Innovation”というレポートで、2000-2007年の開業率(新規開業した企業数÷企業総数)の国際比較がなされているのをみれば、

・主要先進国の開業率は、概ね10~15%程度であるのに対し、
・我が国は約4%で、比較されている各国の中で最下位です。
http://www.oecd.org/site/innovationstrategy/45188031.pdf [リンク]

 なぜ日本では、新規開業がこんなに少ないのでしょうか?
 「日本人は安定志向でベンチャー精神に乏しい」といったことが言われることもあります。たしかに、一面で正しいかもしれません。しばらく前にホリエモンが登場した頃、伝統的日本社会になじまない異人種のように扱われたのも、その表れだったでしょう。
しかし、これが日本人の伝統的気質であるかのように説明するのは、大きな間違いです。

 例えば、昭和初期には、松下電器(昭和10年創業)、トヨタ自動車(昭和12年創業)、ブリジストン(昭和6年創業)など、のちの世界的な大企業が次々に創業されました。また、戦後も、ソニー(昭和21年創業)、本田技研(昭和23年創業)などが創業されました。

 決して、日本人が伝統的にベンチャー精神を持っていなかったわけではありません。

 それでは、なぜ最近になって、ベンチャー精神が乏しくなったのか……というと、大きな理由は「岩盤規制」の存在だと思います。

 「岩盤規制」のある分野は、ベンチャー精神のある人にとっては、ちょっと垣間見るだけでも、大きなチャンスと映るはずです。なぜなら、限られた既得権業者が、新たな工夫を施すこともなく、昔ながらのやり方でビジネスを続けているからです。「こんな工夫をしたら、大きなチャンスがあるはずだ」といったことを考えついた人は、決して少なくなかったと思います。

しかし、そういう人たちはどうなったでしょうか? 結局、「岩盤規制」によって行く手を阻まれ、撤退を与儀なくされてきたのです。

そんな経験が社会で蓄積されていく中で、「新しいビジネスチャンスを切り開こうとしても、成功は難しい」という認識が世間に広まり、ベンチャー精神を奪っていったのです。

 その意味では、これから数年間は大きなチャンスです。
 ようやく、「岩盤規制」を取り払おうとの動きが出てきているからです。

 今年1月、安倍首相はスイスのダボス会議で、「今後2年間で、残された岩盤規制を(少なくとも特区では)打ち破る」との趣旨のスピーチをしました。このスピーチは、日本国内以上に、世界中の関係者から注目されました。日本が「規制大国」であり、その改革が長年の課題だったことは、世界で知られているのです。

 そして、このスピーチは、単に口約束に終わらず、現実化しつつあります。

 例えば、今年の通常国会では「電気事業法改正」が成立し、電力小売事業への参入自由化が実現しました。従来は、家庭向けの電力事業は地域独占で、新規参入は認められていませんでした。例えば関東圏の家庭であれば、東京電力からしか電気を購入できませんでした。これが、今回の法改正により(実施は2016年目途)、誰でも電力小売事業に参入できることになりました。

 電力の地域独占は、まさに巨大な「岩盤」の典型例でしたから、これは大きなチャンスです。

 それ以外の分野でも、この1か月ほど、新聞報道もしばしばなされていますが、農業改革、医療改革といった議論も前進しつつあります。

 電力、農業、医療、介護、教育・・・、いずれも「岩盤規制」によって、ビジネスチャンスが長年抑え込まれてきた分野だからこそ、大きなチャンスが広がっているのです。

(株式会社政策工房代表取締役 原 英史)

関連書籍

 『日本人を縛りつける役所の掟 岩盤規制を打ち破れ』(7月1日刊行)では、21分野の岩盤規制をとりあげ、それぞれの規制の裏側を解説しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4093897492

原英史の記事一覧をみる ▶

記者:

株式会社政策工房代表取締役、特定非営利活動法人「万年野党」理事。

ウェブサイト: http://yatoojp.com/

TwitterID: HaraEiji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP