ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

2ちゃんでおなじみのFlashゲームイベント『Flash Game Festival ’09』、ゲームコミュニティ『モゲラ』の協力で開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

毎年、『2ちゃんねる』を中心にゴールデンウィーク期間、クリエーターたちが新作Flashゲームを発表するイベント『Flash Game Festival(FGF)』。3月1日、通算で7回目となる『Flash Game Festival’09』の開催が発表されました。今回は、未来検索ブラジルが運営するゲームコミュニティ『モゲラ』が開催に協力します。『FGF』と『モゲラ』のタッグ結成は、どんな意味を持つのでしょうか。

■『FGF』とは?
『Flash Game Festival』は、掲示板『2ちゃんねる』の『Flash・動画板』を中心に活動するFlashゲームの作り手たちが、ゴールデンウィークをメドに作品を公開し、公式スレッドを通じて皆でワイワイ楽しもうという、単純な目的から始まったオンラインイベント。2003年の『子供の日 Flashゲーム祭』を発端に、2004年から『Flash Game Festival』とイベント名を改め、今年で通算7回目の開催となります。主催はハンドルネーム:まっつん◆SW1/SWF8io氏。既に『Flash・動画板』では「【FGF】FlashGameFestival’09公式スレ」のスレッドが立っており、イベント運営とクリエーターが活発に意見を交換しています。

■『FGF』×『モゲラ』の相乗効果は?
『モゲラ』上では、本日からイベント告知のバナーが掲載されています。現在は、作品応募の受付中。応募期間中は、リンク先の『Flash Game Festival’09』サイト上で作品がエントリーされ、4月下旬から『モゲラ』で参加クリエーターや公開予定の作品情報が公開されます。イベントの本番は5月上旬のゴールデンウィーク期間。完成した作品は、「Flash Game Festival’09」のクリエーターアカウントにより、モゲラや専用掲示板からリンクするページに続々と公開される予定です。

『モゲラ』は、作品を公開する仕組みと、「ファンクラブ」と呼ばれるコミュニティ機能を提供することにより、FGFの運営をバックアップします。ゲームを楽しむユーザーは、「Flash Game Festival’09」のファンクラブに入会することにより、専用掲示板やイベント運営からのメールマガジンを利用して、イベントに参加可能。イベントを核にしたコミュニティ上でイベントが進行します。

既に『モゲラ』には、過去のFGFに参加した一部のクリエーターが作品を公開しています。今回は、これらFGFの常連に加え、新たなクリエーターの参加も期待できそう。参加ユーザーも、これまでとは違った層が加わり、新たな盛り上がりが予想されます。従来の『2ちゃんねる』の枠を飛び出して開催される今回のイベント。今後の動きに注目です。

■関連リンク
モゲラ
Flash Game Festival’09公式サイト
モゲラ内『Flash Game Festival’09』クリエーターページ
2ちゃんねる「【FGF】FlashGameFestival’09公式スレ」
【モゲラプロジェクト】本日リリース!ゲームクリエーターを支援する新サービス

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。