ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCがインドで「HTC One(E8)」と「Desire 616」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは7月11日、インド・ニューデリーでメディアイベントを開催し、現地における「HTC One(E8)」と「HTC Desire 616」の発売を発表しました。噂通り、HTC One(E8)とDesire 616は発表されましたが、HTC One(M8)Dual SIMは発表されませんでした。2機種とも既に中華圏では販売されているのですが、それらが中華圏以外に投入されるのはインドが最初になります。これを機に他の国や市場でも販売されて欲しいものです(入手経路が増えるので)。HTC One(E8)はプラスチックバージョンのHTC One(M8)です。デュアルSIMにも対応しています。筐体デザインやフォルムはHTC One(M8)の方式を採用しているのですが、筐体素材がプラスチックを多用したものに変わり、そのため軽量になっています。また、背面のDuo Cameraは1,300万画素のシングルになるなど一部の仕様は変更されていますが、その分価格もM8より低いものとなっています。Desrie 616はHTCスマートフォンで最初にオクタコア(8コア)CPUを採用した機種になります。こちらもデュアルSIMに対応しています。Desireブランドのミッドレンジモデルなので、価格はけっこう安めです。価格と発売時期は、HTC One(E8)が34,990ルピー(約58,800円)で今月末に発売予定。Desire 616が16,900ルピー(約28,400円)で来週発売予定です。Source : HTC India


(juggly.cn)記事関連リンク
Antutuアプリで43,000点台を叩き出した中華フォンが存在
キーボードアプリ「Simeji」がv7.3.1にアップデート、Unicode絵文字の入力に対応
Xperia Z2の分解方法を紹介した動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP