体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏休みの遊びはこれで決まり! 仏パロット社が超小型ドローンと地上走行型ロボットの国内発売を発表

Jumping Sumo_1

小型ドローンの開発で知られる仏パロット社は、7月10日、都内某所にて超小型ドローン(無人機)『Rolling Spider』と、地上走行型ロボット『Jumping Sumo』の日本国内販売を2014年8月から開始することを発表しました。両製品とも、一般向けネットワーク型ロボットの新しい製品ラインナップ“MiniDrones”に属するもので、無料アプリ『FreeFlight 3』を通じて、スマートフォンやタブレットから操縦を楽しむことができます。価格はそれぞれ、『Rolling Spider』 が1万2800 円(税込み)、『Jumping Sumo』 が1万9800 円(税込み)で、国内の家電量販店やオンラインストアで購入が可能です。

超小型ドローン『Rolling Spider』

Rolling Spider_1

『Rolling Spider』は、すでによく知られたパロット社の小型ドローン『AR.Drone 2.0』と比べてもさらにコンパクトな形状が特徴の飛行型ドローンです。専用のアプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットにより、直感的な操作で高速飛行や宙返りなどを楽しむことができます。

Rolling Spider_3

カラーは赤・青・白の3色展開。

筆者も操作体験をしてみたところ、既存の飛行型ラジコンなどとは違って、ヘリコプターのように空中で安定して停止することができるため、操作ミスであちこち飛び回ったり墜落したりということがまったくありませんでした。スマートフォンでの操作も慣れると簡単で、前後左右はもちろん、上下の移動も安定した動きを見せてくれました。

Rolling Spider_2

『Rolling Spider』の2輪ホイールは取り外しが可能ですが、ホイールを装着することで、地面を走ることができるだけでなく、クモのように壁を駆け上がる動作が楽しめます。ホイールを付けても敏しょう性が落ちることはなく、むしろプロペラがむき出しの状態よりも安全性が高まるので推奨したいところです。

超小型ドローン『Rolling Spider』デモンストレーション
http://youtu.be/qCl_gsu-BUA

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy