ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

城 南海が初出演した「THE カラオケ★バトル」で見事優勝を果たす!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月9日に放送されたテレビ東京のバラエティ番組「THE カラオケ★バトル」に城 南海が初出演。長渕剛の「乾杯」を歌唱し、見事に優勝を果たした。


今回の番組のテーマは「歌のお仕事代表NO.1選手権」。出場者の共通点は“歌のお仕事”に就いていること。歌を仕事にしている様々な業界のプロが集結し、アニソン界のパイオニアや、EXILEヴォーカルオーディションのファイナリスト、元宝塚雪組トップ、モノマネ界のイケメンサラブレッドなど、さまざまなジャンルから12組の歌い手が出演した。

城は奄美民謡代表として、予選で夏川りみの「花」を歌唱し、いきなり98.384点の高得点を記録。決勝では高校の先輩である長渕剛の「乾杯」を歌唱し97.961点を獲得し、文句なしの点数で見事優勝を果たした。城は歌唱後「とても緊張しましたが、すごくうれしいです!」とコメントした。

前作「チョネジア~天崖至睋~」に続き、現在NHK BSプレミアムで総集編が好評放送中の韓国ドラマ「馬医」の楽曲を日本語カバーすることが決定している城だが、そのテーマソング・エンディング・挿入歌の全3曲を7月より毎月1曲ず つ3ヶ月連続配信リリースすることもわかった。また、それに合わせて8月20日に配信リリースする第二弾「ただ一つ」のジャケット写真がオフィシャルサイトにて公開された。少し大人な表情でたたずむ城が、凛としたまなざしをこちらに向け、歌詞の主人公である女性の一途に想う強さを表現している。切ない余韻の残る楽曲にもぜひ注目してほしい。

【リリース情報】
配信シングル「いのちの橋」

2014年7月16日より配信開始 

※韓国ドラマ「馬医」より テーマソング「馬医 ペク・クァンヒョン」日本語カバー

作曲:キム・ジュンソク/チョン・セリン

日本語詞:松井五郎  編曲:馬飼野康二

配信シングル「ただ一つ」

2014年8月20日より配信開始 

※韓国ドラマ「馬医」より エンディング「ただひとつの」日本語カバー

作詞・作曲:パク・ソンイル

日本語詞:松井五郎  編曲:馬飼野康二

配信シングル「悲しくても」

2014年9月17日より配信開始 

※韓国ドラマ「馬医」より 挿入歌「悲しくてつらくても」日本語カバー

作詞:イ・サンジュン/キム・イェリン

作曲:イ・サンジュン/チャ・ギルワン

日本語詞:松井五郎  編曲:馬飼野康二

「10 times treasure ~川嶋あい × 城 南海 ~」
8月29日(金) 東京 代官山LOOP

開場 18:30 / 開演 19:00

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
城 南海 オフィシャルサイト
城 南海、韓国ドラマ『馬医』テーマソング日本語カバー第一弾「いのちの橋」のビジュアル公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP