体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『武器人間』監督インタビューで意外な事実が続々と発覚 「ジブリ好きだよ! あの雰囲気がいいよね」[ホラー通信]

buki_interview

死体と武器の合成人間が大活躍するナチスのぶっとびホラー映画『武器人間』。異彩すぎる声優陣による吹き替え版を収録したBlu-ray&DVDもついに発売。
劇場公開時より更に“武器人間フリーク”が増えた今、今作を手がけたオランダのリチャード・ラーフォースト監督に電話インタビューを敢行しました。

監督の意外な“ジブリ好き”や、“熱を出しながら撮影していた”などの裏話が色々聞けましたよ。意外とイケメンな監督の写真の数々とともに、どうぞお楽しみください。

すべての画像はホラー通信からご覧ください

リチャード・ラーフォースト監督 電話インタビュー[ホラー通信]

s-IMG_4520

――『武器人間』のBlu-ray&DVDがついに日本でもリリースされました。今作はカルト映画のファンに限らず観られていて、「“武器人間”がカッコイイ!」という反響がとても大きいですよ。

監督:日本の皆さんに気に入ってもらえるとは夢にも思わなかったよ! ヨーロッパでは日本の感性やスタイルがとても高く評価されているからね、これはとても光栄なことだよ。

――“モスキート”はカッコイイですし、“プロペラヘッド”や“ポッドマン”はとてもキュートですね。

監督:この映画ではキャラクターがとても大事だと思っていて、『ヘルレイザー』の“ピンヘッド”のような、作品を引っ張っていく力のあるシンプルでユニークなキャラクターをつくりたかったんだ。“モスキート”はとくにこの作品の象徴的なキャラクターになったんじゃないかな。

武器人間

[画像:映画『武器人間』より モスキート]

――武器人間のデザインってどれくらい考えましたか?

監督:100体くらいかなぁ。でもその50%はゴミみたいなやつ(笑)。残りの50体のうち、12体を最終的に採用したよ。

――そのボツ案教えて下さい(笑)。

監督:ボツの方を(笑)!? もうあらゆる組み合わせやデザインを考えたよ。“変身する武器人間”も考えたけどうまくいかなかった。とにかくCGを使わないで、人間がスーツを着て演じられるデザインに絞ったから、実現できないものも多かったんだよね。

――撮影中の印象的なエピソードってなにかありますか?

監督:教会で、あらゆる武器人間が出てきて逃げ惑う兵士に襲いかかるシーンがあるだろう。あの撮影日は一日しかなかったんだけど、実はあの日スンゴい具合が悪くて熱も出てた(笑)。そんななかあんな醜い武器人間たちに囲まれて撮影していて、「もっとふつうの職に就けばよかった」と本当に思ったね! でも最終的にいいシーンに仕上がってよかった(笑)。

――私もあのシーンは素晴らしいと思います(笑)。ご覧になった方も、「あのシーンは怖かった」という反応が多かったですよ。

監督:へへへ、よかった。皆さんの反応を劇場で観たかったな。

武器人間

[画像:映画『武器人間』より カレル・ローデンが演じたヴィクター博士]

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy