ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャノン、自社製プリンタをAndroid 4.4のワイヤレス印刷機能に対応させるプラグインを米国ユーザーにも配信、HP Slateタブレット専用の印刷プラグインもリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャノンが自社製プリンタをAndroid 4.4のワイヤレス印刷に対応させるための専用プラグイン「Canon Print Service」を配信していました。また、キャノンの米国法人がAndroid 4.4未満のOSバージョンを搭載した一部のHP Slateタブレット向けに同じ機能を提供するプラグイン「Canon Print Service Plugin」をリリースしました。「Canon Print Service」はAndroid 4.4.x(KitKat)を搭載した端末からキャノン製Wi-Fi対応プリンタに専用プリントアプリを利用せずに印刷できるようにするためのアプリです。国内ではだいぶ前から提供されていますが、このほど米国のユーザーにも配信されました。アプリをGoogle Playストアからインストールして、Androidの設定メニューの「印刷」からプリンタを検索して登録すると、インストールしたAndroidアプリの印刷メニューからダイレクトに印刷を実行できます。HP Slateタブレット用の「Canon Print Service Plugin」も同じくGoogle Playストアからインストールすれば、Androidのアプリの印刷メニューからダイレクトに印刷できるようになります。「Canon Print Service(Android 4.4用)」「Canon Print Service Plugin(HP Slate用)」Source : Canon USA


(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3(LG-D855)の開封の儀&ファーストインプレッション
Sony Mobile、「Xperia C3(D2533 / D2502 / S55t / S55u)」のホワイトペーパーを公開、フルスペックが判明
HTCは7月11日にインドでメディアイベントを開催、HTC One(E8)を発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP