ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Galaxy Note 3 SCL22のAndroid 4.4アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは7月9日、Samsung製Androidスマートフォン「Galaxy Note 3 SCL22 OSア」のAndroid 4.4アップデートの配信を開始しました。今回のアップデートは、OSのバージョンアップと機能追加を行った大規模なものです。OSのバージョンアップでは、“KitKat”バージョンとなるAndorid 4.4.2に刷新され、アプリをフルスクリーンモードで利用できる「Immersiveモード」やPC不要で印刷できるワイヤレス印刷機能などに対応します。Samsung独自の変更箇所は次の通り。「ハイブリッドダウンロード」の追加Wi-FiとLTEを束ねて利用することでWEBからのダウンロード速度を高める(HTTPダウンロードと30MB以上のダンロードで有効になります)「バーチャルツアーモード」の追加360度パノラマ写真を端末を動かすことで切り替えられる、「画面の情報を保護」(プライバシー保護機能の一種)の追加画面を常にOFFにします。電源キーを2回押すと有効/無効を切り替えられます。これは「Talkback」がONの時のみ利用できます。「アシスタントメニュー」の追加「自動反応バイブ」機能の追加音楽や動画のテンポなどに合わせて端末が振動する「ダイレクトアクセス」機能の追加ホームボタンの3回クリックでユーザ補助機能を設定/解除できるメニューを表示絵文字の入力方法変更と絵文字の個数追加更新ファイルはWi-Fi、3G、LTE経由でダウンロード可能です。アップデート操作はSCL22の設定メニューを表示後、「一般」タブ→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「更新」をタップします。アップデートにかかる時間は10~45分。アップデート後のソフトウェアビルドは「SCL22KDU2FNF7」になります。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)の中国 都市部におけるスマートフォンシェアは21%で2位
Sony MobileのWindows Phone「Sony Lue Z」の製品パッケージ写真が流出?
LG G3の水没テスト動画、洗面器程度の水深なら故障しない模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP