ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラトビア共和国にある核シェルター施設に行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バルト三国の真ん中の国、ラトビア共和国は、1991年までソビエト連邦の一員でした。そんなわけで、ソビエトの施設がいろいろ残ったままなのですね。

<核シェルター施設>
んで、2003年に存在が明らかにされたのが、ソビエトの高級官僚やKGBのためのラトビアのリーガトネ(Ligatne)の町にある核シェルター施設です。

<通信網も生きている>
1980年代の最新設備が備えられてるんですが、さすがソ連らしいのが、機械が単純でメンテナスしやすいので、いまだに設備が機能していたりします。モスクワへのホットラインとかの通信網も生きてるそうで……。

<説明がさっぱりわからない!?>
というのは、ツアーに一緒に参加したお客さんから聞いたのですが、ツアーガイドさんがラトビア語なので、説明が何一つさっぱりわからないんですよね……。

<核戦争後の未来>
毒ガス対策もされていて、エアコンもあるのですが、びっくりするぐらい騒音がデカいです。放射能を浴びても流し落とせるようなシャワー室とか、核戦争後の未来もちゃんとソビエトは想定してたんだなぁ……と。

<何気においしかった>
んで、最後のほうに、当時の食事が食べられます。小麦粉で肉団子を包んだもので、厚めの餃子みたいな感じですが、中身が完全に肉団子です。サワークリームをつけて食べるのですが、何気においしかったです。

By Hiroyuki
Post: GoTrip http://gotrip.jp/


↓施設は普通のビルっぽいですね(写真の解説は編集部)


↓フロントではインスタントコーヒーやアイスが売られているようです

↓雰囲気がガラリと変わりましたね

↓毒ガス対策のマスクでしょうか




↓いざという場合の処置法が描かれています


↓通信室でしょうか


↓ぶ厚いドアですが、ここから先にも進めます





↓食事を摂る事が出来るようです


↓餃子のように見えますが、肉団子が入ってるそうです


↓実際に核戦争が起きていたらこうやって食事をしたのでしょうか?










↓放射能を流し落とせるシャワー? レトロです

By Hiroyuki
Post: GoTrip http://gotrip.jp/
Info: bunkurs.lv

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP