ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 11 M8ビルドがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidベースのカスタムROM「CyanogenMod 11」の準安定版となるMビルド第8弾の配信が先ほど開始されました。M8bビルドではOSバージョンがAndroid 4.4.4に刷新されて、Android 4.4.3までのバグやOpenSSLの脆弱性の修正が行われています。機能面では、通知を画面上に表示する「HeadUp」の有効化、ナビゲーションバーのカーソルボタンや設定メニューへの検索機能の追加といったことが行われています。Mビルドは一か月に一度、その時点までに実装されたROMの機能をスナップショットとして提供するCyanogenModの開発版です。日次で提供されるNightlyビルドよりもバグは少なく、安定性も高められているので、常用レベルには達していると思いますが、機能面はNigltlyビルドとさほど変わりません。現在のところ、M8ビルドは15機種前後の端末用が配信されています(次第に増えていくでしょう)。Source : CyanogenMod Mirror


(juggly.cn)記事関連リンク
インターリンク、固定IPアドレスが付与されるデータ通信用SIMカード「インターリンクSIM LTE」を提供開始
KDDI、Galaxy Note 3 SCL22のAndroid 4.4アップデートを開始
Google、音声コマンドで音楽を切り替える機能をテスト中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP