ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【奈良「珍」スポット】インパクト抜群!近鉄「生駒ケーブル」の車両デザインがスゴい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1大阪府と奈良県の府県境にある生駒山。その山麓と山上を結ぶケーブルカーが、近畿日本鉄道(近鉄)の生駒鋼索線、通称“生駒ケーブル”だ。実はこの生駒ケーブル、1918年(大正7年)に開業した日本初のケーブルカーであり、いまだに現役で運行されている。

近鉄奈良線生駒駅を降りていったん改札を出て、生駒ケーブルの乗り場に向かう。同じ近鉄でも運賃は別精算で、ケーブルのほうの駅は鳥居前駅という。
まず、その鳥居前駅の駅舎に驚かされる。生駒山の頂上付近には「スカイランドいこま(生駒山上遊園地)」があり、その遊園地の来園客向けの装飾がなされているが、なんとも古い・・・いや、昭和レトロな感じがしなくもない。

23

そして駅舎に入るとさらにビックリなのが、一度見たら忘れられないであろうケーブルカーの賑やかすぎるデザイン。出迎えてくれたのは「ブル」という名がついた犬のほうで、もう1つ「ミケ」というネコの装飾が施されたケーブルカーもあり、途中ですれ違う際に見ることができる。このようなデザインの幼稚園、保育園のバスは見たことがあるが、ケーブルカーでは極めて珍しく、小さな子どもは喜びそうだが、大人はちょっと照れくさいかも・・・

4

生駒ケーブルは、山麓の鳥居前駅から宝山寺駅で乗り換える。ここからは山上線で、もう2種類のケーブルカーに遭遇した。行きは「スイート」というケーキ、帰りは「ドレミ」という音楽をイメージしたこちらもインパクト抜群の車両だ。この山上線は中間駅2駅を経て、生駒山上駅に到着した。

5

遊園地に向かうケーブルカーということで、その気分をおおいに盛り上げてくれる生駒ケーブルだが、途中の宝山寺駅では一般客の利用もかなり多く、生活の足として定着している。

6789

近畿日本鉄道|生駒鋼索線http://www.kintetsu.jp/kouhou/Rireki/A40011.html

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【連載・日本の駅】阪神・武庫川駅 ホームは武庫川の真上にある
京都・六道珍皇寺 「地獄」に通じる井戸がある
【大阪「珍」スポット】大阪の恋愛パワスポ「愛染さん」祭りで縁結びゲット!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。