ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド Lava、ヘクサコア(6コア)プロセッサを搭載した5インチAndroidスマートフォン「Xolo Play 6X-1000」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの大手スマートフォン・タブレットメーカー Lavaがヘクサコア(6コア)プロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「Xolo Play 6X-1000」を発表しました。Play 6X-1000は、台湾MedliaTekが最近出した6コアCPUのスマートフォン向けSoC「MT6591」(Cortex-A7×6@1.5GHz、Mali-450 GPU)を搭載した5インチスマートフォンで、ゲームアプリを最大75%OFFで入手できる独自のアプリストア「XOLO Play Zone」をプリインストールするほか、2GB RAMやジャイロセンサーを搭載するなど、ゲームの利用を重視した設計が特徴です。価格は14,499ルピー(約25,000円)とスペックの割にリーズナブル。メモリは2GB RAMと8GB ROM(Micro SD対応)を搭載。カメラは背面に800万画素と前面に200万画素を搭載。バッテリー容量は2,100mAhです。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/WCDMA(HSPA+ 21Mbps)、デュアルSIMに対応。筐体サイズは139.9 x 70.2 x 8.5mmです。OSはXoloスマートフォンでは珍しくAndroid 4.4(KitKat)です。Source : Xolo.in


(juggly.cn)記事関連リンク
wake me up Cast for Chromecast : Chromecastを活用した画期的な目覚ましアプリ、画面に表示されるQRコードを撮影しないと停止できない機能も搭載
Chromecastに今後導入されるダイレクト接続機能は超音波を利用した技術によって実現しているらしい
Lenovo、64bit対応のSnapdragon 410を搭載したAndroidスマートフォン「Lenovo A805e」を中国で発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP