ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画家キバヤシがTwitterで連投騒ぎ! 多くの有名人に無差別連続ツイート炸裂

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


元少年マガジンの編集者であり多くのヒット漫画作品を生み出してきた漫画家の亜樹直(あぎただし)がTwitterで大暴れしているとの情報が入ってきた。亜樹直は本名は樹林伸(きばやししん)、そしてそのほかにも作品によって多くの別名を持っている。これら全てが同一人物だという事実は一部のファン以外にはなかなか知られていない。天樹征丸の名では『金田一少年の事件簿』(作:さとうふみや)や安童夕馬の名で『サイコメトラーEIJI』などを生み出してきた。

そんな樹林伸がTwitterでどのように大暴れしているのだろうか? 以下のツイート(ツイッターでの発言)が問題のツイートのひとつだ。

「神の雫株式会社と名乗るワインのネットショップが私たちの知らないところで出来ていました。驚きました。どういう人たちなんだろう、正直、怖いです。皆さんはどう思いますか? http://www.rakuten.ne.jp/gold/wineshopvip/ 」

要約すると彼の作品である『神の雫(原作:樹林伸=亜樹直)』の名前をワインショップが勝手に使っていることに激怒。そのパクられている旨を大勢の人にコピペでツイートしたというわけだ。上記の一文だけなら特に問題無いのだが、何回にもわたり投稿を行っているようだ。その相手にはホリエモン、藤田晋(サイバーエージェント代表)、朝日新聞、孫正義(ソフトバンク)、内藤裕紀(ドリコム代表)などなど、著名人に対して次々とツイートをおこなっている。同じような内容を何回も連続でツイートする行為は本来のツイッターの利用方法から考えると疑問符のつくやり方だ。

彼はワイン通ということでも知られており、今回の件にかなりおかんむりなようだ。最後には「講談社に頼んで、対処してもらいます」とツイートして終わっている。ちなみに彼の本名である「キバヤシ」はどこか聞き覚えのある名前ではないだろうか?

そう『MMR』に出てくるキバヤシは樹林伸をモデルにしているのだ。今回の件も「な、なんだってー!」と叫ぶくらいの余裕が欲しかったものだ。

追記 2010/6/2 5:00
樹林伸はTwitterの連続投稿を削除後に以下の様に謝罪。
「すみません、逆上してフォローしてくれてる友人大勢にダーッと神の雫株式会社の件をツィートしてしまいましたが、タイムライン汚しでしたね。一つで十分でした。まだ始めて2カ月なんで、いまいち仕組みがわかってないので……ごめんなさいm(_ _)m」

■最近の注目記事
日本ユニセフに対するネット上の誹謗中傷的書き込みについてを聞いた 「本家ユニセフとは別だがユニセフファミリー」
昔の個人ホームページにありがちなこと 「勝手に流れるMIDI」「キリバン報告」「左右に動く文字」など……
動画サイトでブームの「吹っ切れた動画」 腰の動きがセクシーで可愛い

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP