ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤフオクでタバコの空箱が3000万円で出品中! もちろん空箱だから中味は無いよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

インターネットオークションにはユニークな品物が沢山出品されていますが、本当に売れるの? 入札されるの? 価値があるの? と首をかしげてしまう物も沢山出品されています。

なかでも凄いのが、タバコの空き箱です。昭和時代に発売された『ホープ』(ショートホープ)というタバコの空き箱が、ヤフオクで3000万円の即決価格で出品されているのです。3000万円!?

それだけあったら普通のタバコを山のように買えますよね……。

2014年7月5日現在、オークションの終了まで3日間あります。しかし、まだ誰も入札していません。即決価格は3000万円ですが、10円でも100円でも買う人がいないという事でしょうか?

このタバコの空き箱に価値があるのかどうか、マニアじゃないと分からないかも知れないですね。いまのところ入札がありませんので、価値があると思っている人はいない様です。

『ホープ』は現在も販売されており、価格は230円になっています。昭和時代と現在とでは、加工等の部分で箱の特徴がやや違うようです。そこに価値があるのかも知れないですね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP