体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコミュージカル第一回ワークショップレポート!

エンタメ
ニコニコミュージカル

今年3月に行われた『ニコニコミュージカル(通称:『ニコミュ』)の為のワークショップ(俳優養成講座)、その第2弾が6月21日~26日の6日間で行われることが決定した。そもそも『ニコミュ』とは『ニコニコ動画』発・劇場から生放送するミュージカルであり、またニコニコ動画を楽しむユーザーの出演も予定されている、これまでにない新しい試みだ。今回は第1弾のワークショップに参加をした参加者達の声や、講師の湯澤幸一郎氏、プロデューサーである片岡義朗氏へのインタビューを交え、その魅力をお伝えする。

第1回ワークショップのアマチュアクラスに参加をしたのはアマチュア、もしくは舞台経験の全くない素人の方がメイン。そこでまずは演劇・ミュージカルの基礎からスタートし短い時間ながら非常に濃い内容となったようだ。今回の感想を聞いたところ、以下のような声が聞けた。

ニコニコミュージカル

・ワークショップ自体は凄く面白くて、だからハードだけど辛さは感じなかった。
・歌の練習では正確さを要求され、今までの歌い方の修正点が見えた
・参加者同士で助け合い、出来ない部分・分からない点を教えあって成長できました
・もっと上手くなりたい・(芝居に)真面目に取り組むんだ! という意欲が湧いてきた
・周りもみんな一生懸命でそれが励みになった

言い方は違えど「成長した」「刺激され、意識が変わった」という意見に集約される話が多かった。そして、質問をした全員から貰った答えとして「面白かった」「(ワークショップに)また参加したい」という答えも。参加者達からは受けて良かったという話が聞こえてくるが、それではワークショップを仕掛けた側はどういう感想を持ったのだろう。そこで主催者である湯沢氏・片岡氏にも話を伺った。

・講師の湯澤幸一郎氏へのインタビュー
-第1回のワークショップ、実際に如何だったでしょうか?

湯沢氏:レベルはピンキリで、今すぐ舞台に上げられる人もいれば、箸にも棒にもひっかからない人もいました。ただ参加者自身、「無駄にしない」・「何かを得よう」と前向きでどん欲な姿勢があって、成長や意識の変化はあったと思います。

-プロの方と比較をして、アマチュアである参加者達のモチベーションに違いはありましたか?
プロの人達はもちろん基礎が出来ているから、そこからブラッシュアップをするのがテーマになるが、今回は芝居も歌も全く初めてという方が多かったのは確か。ただし、受講態度には違いはありません。ワークショップ初日に、ぬるい空気も流れたが、始まるとすぐに「真面目にやらないといけない」という空気に変わっていった。

-未経験者も多く、内容は初心者向けだったのでしょうか?
初心者・素人だからと、プロ向けのワークショップとやらせることに違いないです。こちらは即戦力を要求しているので「やれる?」といったときに、やれるようにならないといけない。

1 2 3 4次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会