ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブンブンサテライツ、『ニンジャスレイヤー』メインテーマを書き下ろし提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年に入りワンマンツアー、FESなど勢力的なライヴ活動を行っているブンブンサテライツ。累計30万部を突破したTwitter発のサイバーパンクニンジャ活劇『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』のために新曲『BACK IN BLACK』を書き下ろしたことが明らかになった。


『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』は、現在開催中の『Anime Expo2014』で“GOOD SMILE COMPANY”ブース内においてメンポ(忍殺マスク)の無料配布、英語版の原作小説とコンプティーク版のコミックが載った試し読み小冊子の無料配布、グッズの販売の他に、“ニンジャスレイヤー”が出没し随時フォトセッションを行っているなど注目を集めている。

さらに7月7日~13日の期間中、埼玉県内の西武鉄道沿線の計28駅にて、AXにて掲出の岡崎能士氏描き下ろしポスター(2種・B1サイズ)が特別掲出されるのでこちらもチェックして欲しい。

(c) Ninj@ Entertainment/Ninj@ Conspiracy

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
2015年始動!

<原作>

著者:ブラッドレー・ボンド(著)、フィリップ・N・モーゼズ(著)、本兌 有(翻訳)、杉 ライカ(翻訳)

シリーズディレクター:雨宮哲

メインテーマ:BOOM BOOM SATELLITES 「BACK IN BLACK」

アニメーション制作:TRIGGER

<小説STORY>

ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。

彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」——ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。マッポーの世に救いは無いのか? 走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!

【原作情報】

小説シリーズ1~9巻好評発売中(KADOKAWA エンターブレイン刊)

最新刊「ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン」7月9日発売予定(KADOKAWA エンターブレイン刊)

詳しくは「ニンジャスレイヤー 物理書籍公式サイト」にて (http://ninjaslayer.jp/)

■『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』公式サイト

http://www.ninjaslayer-animation.com



(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ブンブンサテライツ オフィシャルサイト
HOME MADE 家族、初のミックスCD収録の新曲「Hands Up」がH.I.S.中部キャンペーンソングに決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP