ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

鑑賞券用のVHSテープが足りない!? ドキュメンタリー映画『VHSテープを巻き戻せ!』が寄付を呼びかけ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
vhs_01

今や過去の記録手段となったVHSテープですが、その魅力を映画関係者が存分に語るというドキュメンタリー映画『VHSテープを巻き戻せ!』。2014年7月26日より東京・渋谷のアップリンクで公開となり、「世界初」となるVHS型特別鑑賞券(1300円・税込)が発売されています。
しかし、予想を超える受注により配給元のVHSテープの在庫が枯渇しかけているとのこと。そのため、ファンにいらなくなったテープを寄付を募るという『VHSテープをくださいっ!キャンペーン』を実施することに。当然ですが、そのテープはチケットとしてリサイクルされます。

このキャンペーンは、セルまたはレンタル落ちのVHSテープをアップリンクまで持参出来る人が対象で、事前に名前・メールアドレス・電話番号・テープの本数・譲渡希望日を事前にメールで連絡が必須。持ち込みをした人には、限定制作した映画割引券としてもつかえるUS版オリジナルポストカードと非売品の日本版ポスターが貰えます。ポスターはなくなり次第終了とのことなので、自宅のビデオテープの処分したいという人は早めの持参がおススメ。

vhs_02

映画は、『毒々モンスターシリーズ』やゾンビものなどのB級映画を多数制作しているトロマ・エンターテイメントのロイド・カウフマンや、『バスケット・ケース』『バッド・バイオロジー』などカルトホラーの巨匠フランク・ヘネンロッターらのほか、バクシーシ山下・高橋洋・押井守といった日本人の映画・アングラビデオ関係者も出演。ビデオカルチャーの仕掛け人や生き証人たちがビデオ愛を語るということで、映画好きならば見逃せない内容となっています。
ビデオテープをセットした時のカチャっとした感触や、レンタルビデオショップの会員になった時の高揚感…。そんな感覚を忘れてしまっている人もそれを思い出させることになりそうなこのドキュメンタリー。1980-90年代の記録映画として見てみるというのもアリなのではないでしょうか。

映画『VHSテープを巻き戻せ!』予告編 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=K8pWGeJt2CI& [リンク]

『VHSテープを巻き戻せ!』

監督・脚本・原案:ジョシュ・ジョンソン 
製作:キャロリー・ミッチェル 
撮影・編集・音響:クリストファー・パルマー 
エグゼクティブ・プロデューサー:フレディ・フィラーズ、パノス・コスマトス 
出演:アトム・エゴヤン、ジェイソン・アイズナー、フランク・ヘネンロッター、ロイド・カウフマン、カサンドラ・ピーターソン、押井守、高橋洋、千葉善紀、加藤和夫、藤木TD C、中原翔子、いまおかしんじ、バクシーシ山下 ほか

2013年/英語・日本語(英語・日本語字幕)/91分/
配給・宣伝 U P LINK/宣伝美術:大橋祐介/宣伝:contrail

『VHSテープを巻き戻せ!』公式サイト
http://www.uplink.co.jp/vhs

(c) Im perial P oly Farm P roductions

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。