ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、Xperia Z Ultra Wi-FiのAndroid 4.4.2アップデート(14.3.A.1.293)を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは7月3日、国内で発売中の「Xperia Z Ultra Wi-Fi」のAndroid 4.4.2アップデートを開始しました。今回のアップデートはセルラー機能を搭載しない「SGP412JP/B」、「SGP412JP/W」、「SGP412JP/V」を対象にしたもので、端末単体またはPC Companion/Update Service経由でアップデートを実施できます。アップデートでは、Android OSのバージョンがAndroid 4.3→Andorid 4.4.2に刷新され、アプリをフルスクリーンモードで利用できる「Immersiveモード」のほか、PC不要で印刷できるワイヤレス印刷などに対応します。また、ステータスバー・パネルの仕様も変わりました。Android 4.4.2では、ステータスバーアイコンをカスタマイズすることが可能になり、「クイック設定ツール」も独立したパネルで利用できるようになります。ホーム画面では、表示をガラケー風に替える「シンプルモード」に切り替える機能、ホーム画面のアイコンサイズを拡大するオプションが追加されます。さらに、リモート追跡・リモート消去機能「myXperia」にも対応します。Android 4.4.2ではリストバンド型活動量計「SmartBand」とライフログアプリ「Lifelog」にも対応します。アップデート後のビルド番号は「14.3.A.1.293」です。Source : Sony


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android Wearを搭載した「LG G Watch」と「Gear Live」にKMV78Vビルドのアップデートを配信開始
スポーツ・フィットネスアプリの定番「Runtastic」と「Runkeeper」がAndroid Wearをサポート
海外のAndroidユーザーがどの画面からでも「OK,Google」機能を有効にする方法を見つける

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP