ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【夏バテかな?!と思ったら…】飲むと元気になれる?!エナジードリンク新商品3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎日続く暑さの中、食欲も減退気味。でも仕事は容赦なく押し寄せてきて…。そんな時にすがりたいのがドリンク剤とも呼ばれているエナジードリンク。見るだけで元気が出そうなデザインのものも多い。今回は、女性も手に取りやすそうな新製品をチェックしてみた。

1.「ライフガードエックス」
まずは、5月の発売以来大評判の品を。この商品、エナジー飲料特有のクセを抑えて、パンチがありながらも飲みやすい風味に仕上がっている。ビタミン、アミノ酸などのライフガードの豊富な成分に加え、たっぷりのマカ、アルギニン、カフェインを1本に凝縮。「高校生の時毎日ライフガードを飲んでいた」長年のライフガードファンも、エナジー飲料を手放せないヘビーユーザーも満足できる1品。コンビニにて販売中。(https://www.cheerio.co.jp/)

2.「パンクラスエナジー」
これは、21年の歴史を誇る日本メジャー格闘技MMA「PANCRASE」代表である酒井正和氏が設立したエナジードリンクメーカーが販売するエナジードリンク。エナジードリンクトップクラスの、カフェイン160mg配合・アルギニン300mg配合で、カロリーは0Kcal。価格は250mlで200円を下回る設定となっており、高品質ながら戦略的な価格。聞いただけで力が湧きあがってきそうな1品。全国のドン・キホーテグループ店舗等で販売中。(http://pancrase-energy.com/)

3.「リゲインs」
最後は、「24時間戦えますか。」でおなじみのリゲインシリーズの新商品を。今回新発売の「リゲインs」は、リゲインシリーズの主要成分である「リバオール」と「ビオタミン」に加え、「タウリン」を既存シリーズ品最大量の3倍となる3000㎎配合し、肉体疲労時の栄養補給や滋養強壮に優れた効果を発揮するようになっている。パッケージも、あの黄色と黒の懐かしい色合い。コンビニで見つけたら、ぜひ一度トライしてみて。(http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP