ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正常な聞こえをより良くするためのヘッドセットタイプの“スマート補聴器”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

聞こえに問題がない人でも、騒がしい環境では音が拾いづらくなる。街中や賑やかな店などで、相手の声が聞き取れなかった経験は誰でもあるだろう。

このほど登場したSoundhawk Scoopは、聞き取りたい音をピックアップして聞こえやすくしてくれるヘッドセットだ。まさに、正常な聞こえの人のための補聴器のようなデバイスとなっている。

見た目や形状は通常のヘッドセットと似ていて、片方の耳に差し込んで使うのも同じ。携帯端末とBluetoothで連携し、ヘッドセットとして通話などでの使用も可能だ。

通話をしていなくても普段使いできるのがこのSoundhawkの特徴で、購入して初めて使用する前にまず専用のアプリ(iOS、Android)でユーザーがどんな音を拾うのが得意・不得意なのか聞こえを調べる。

こうすることで、拾った音をその人の聞こえに最適化して届けてくれる。また、車に乗っているとき、騒がしいバーにいるときなど、状況に応じてノイズをカットしてくれる。

Soundhawk Scoopは、Scoop本体のほかに、ワイヤレスで作動するマイクも付いてくる。これは、もっと音をクリアーに聞き取りたい場合に使用する。

それから充電パックが一体になった持ち運び用ケースもセットに含まれる。これにScoopとマイクを入れると充電される(8時間分が充電可能)。

現在サイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は期間限定で279ドルとなっている。

Soundhawk Scoop

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP