体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指せ!狩りガール no.7 実技の練習もできる、猟友会の予備講習を受けました。(目指せ!狩りガール)

目指せ!狩りガール no.7 実技の練習もできる、猟友会の予備講習を受けました。(目指せ!狩りガール)

今回は一般社団法人 大日本猟友会さんのサイト『目指せ!狩りガール』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://otajo.jp/39957をごらんください。

目指せ!狩りガール no.7 実技の練習もできる、猟友会の予備講習を受けました。(目指せ!狩りガール)

ありちゃん:食べることが大好き、アウトドアもちょっと好きな会社員。ひょんなきっかけから「ハンター」を目指すことに。東京都内在住。

カリタロー:狩りガール活動を応援するジビエ好きの犬。ありちゃんと一緒に勉強して、いつかカッコイイ猟犬になるのが夢。

だいぞう師匠:猟友会に所属している優しきオジサマハンター。自然のことにも詳しく、ハンター仲間として若者を育てています。

目指せ!狩りガール no.7 実技の練習もできる、猟友会の予備講習を受けました。(目指せ!狩りガール)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://otajo.jp/files/2014/06/vol7_ttl.jpg

だいぞう師匠:ハンターのだいぞうです。ありちゃんが猟銃を使って狩猟をするためには、「猟銃の所持許可(銃刀法)」と「狩猟免許(鳥獣保護法)」の二つが必要です。これまで所持許可のために活動してきたありちゃん。今回はもうひとつのステップ、狩猟免許の取得を目指します。知識の習得のほかに猟具を取り扱う実技チェックもある狩猟免許試験。いきなり本番の試験では大変なので、ありちゃんには猟友会主催の「狩猟免許試験予備講習会」*1の受講をすすめましたよ。

■ 猟銃の所持許可
(銃刀法に基づき、都道府県公安委員会による許可を受ける)

■ 狩猟免許[第一種銃猟免許]
(鳥獣保護法に基づき、環境省の委任を受けた各都道府県により交付される)

*1:「平成26年度 狩猟免許試験予備講習会の開催について(都道府県別)」 『大日本猟友会』
http://www.moriniikou.jp/index.php?blogid=20

どこを覚えたらいいの?内容満載「狩猟読本」。

カリタロー:あ、ありちゃんこっちこっち。受講お疲れ様でしたワン。

ありちゃん:面白かったよ!猟友会の先生優しかった!友達できた!模擬銃分解してきた!

カリタロー:なんかメチャ盛り上がってるなー。いろいろ気になるけど、順番に聞かせてもらうワン。まず、講習会について教えてよ。

ありちゃん:うん。狩猟免許試験は都道府県によるものなんだけど、試験を受ける新人のために各都道府県猟友会などが主催する「予備講習会」*1というのが開催されているのね。

カリタロー:それは絶対受けなきゃいけないの?

ありちゃん:そんなことはないよ。ただ、これを受けずにいきなり本番の試験を受けると大変だと思う。それくらい試験のために知らなくちゃいけないことがたくさんあるから。

カリタロー:何をオベンキョするのかな。うわ、分厚いテキストだね。

目指せ!狩りガール no.7 実技の練習もできる、猟友会の予備講習を受けました。(目指せ!狩りガール)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://otajo.jp/files/2014/06/vol7_photo01.jpg

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。