ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleはAndroid Wear、Android TV、Android AutoでOEMによるUIのカスタマイズを許可しない方針

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google I/O 2014でGoogleは「Android Wear」、「Android TV」、「Android Auto」という新しいOSを発表しました。それぞれ、ウェアラブルデバイス、TV・セットトップボックス、車載システムをメインターゲットにしたAndroidベースのOSで、Googleの作成した独自UIを備えていますが、Ars Techicaによると、Googleはこれらの新OSでOEMによるUIの改変を許可しない方針をとっているそうです。Androidスマートフォン・タブレットではOEMが自社の判断で独自ホームアプリを搭載したり、システムUIの改変を行っていますが、同じくAndoridベースのAndroid Wear、Android TV、Android AutoではGoogle製UIの使用を義務付ける方針とのことです。Androidのエンジニアリングディレクター David Burke氏がそのことを明らかにしたそうです。Burke氏は、UIはGoogle製を使用させる方針としているそうなのですが、OEMが自社ブランドの製品に自社サービス用のアプリを搭載することなどは可能にしているそうです。Googleの方針が影響するのはAmazonやNokiaのようなAndroidのフォークバージョンを使用しているメーカーになります。AmazonがもしAndoird Wearスマートウォッチを作成するとしてもUIを改変して現在のFire OSに近い状態で提供することは難しくなります。Burke氏はまた、これらのOSを搭載した製品のアップデートをスマートフォン・タブレットとは異る仕組みで提供することも明らかにしたそうです。具体的には、基本はGoogleがアップデートの配信を行い、デスクトップ版Chromeのようにユーザーが気付かないうちに実施されることを目指しているとのことです。Source : Ars Technica


(juggly.cn)記事関連リンク
ビッグローブ、音声通話も可能なSIMカード「音声通話SIM」を明日7月1日より提供
楽天がスマートフォン向け新サービス「ROOM」を発表、楽天市場の商品を収集して他の方に紹介できる楽天アフィリエイト対応のキュレーションサービス
LGは「LG Vu」を「LG G Stylus」に刷新する計画?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP