体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初のベストアルバム発表! Kalafinaインタビュー「どんなジャンル?と聞かれると自分たちでも考えてしまう」

IMG_3247

梶浦由記プロデュースによる、劇場版「空の境界」主題歌プロジェクトとしてスタートし、デビューシングル『oblivious』(2008年)で鮮烈のデビューを飾った3人組女性ヴォーカルユニット「Kalafina」(カラフィナ)。

リリースするアルバム作品すべてがオリコンウィークリーチャートTop 10以内にチャートインし、2013年9月にリリースした4thアルバム『Consolation』は、オリコンアルバムウィークリーチャート3位を記録。2009年よりLive活動を本格化させ、2013年には全国9都市15公演を行い、約20,000人の動員を記録。ボストン、L.A、上海、香港、マレーシアなど海外でもライブを行い、多くの支持を得ています。

そんなKalafinaが7月16日に初のベストアルバム『THE BEST “Red”』『THE BEST “Blue”』を2枚同時にリリース。「空の境界」はもちろん、「魔法少女まどか☆マギカ」、「Fate/Zero」など大人気アニメ主題歌も多数収録され、Kalafinaがこれまで紡いできた世界を存分に味わえる2枚となっています。今回はKalafinaのWakanaさん、Keikoさん、Hikaruさんにインタビューを敢行。ベストアルバム発表への想いや、これからの活動についてお話を伺ってきました。

――今回初のベストアルバムが2枚同時に発表となりますが、今のタイミングでベストアルバムを出す事への想いを教えていただけますか?

Wakana:最初にお話を聞いた時はまだベストアルバムを出すのは早いんじゃないかと3人の中でも不安はありました。でも、これまで応援してくださっている方や、最近Kalafinaを知ってくださった方の為にも、たくさんのライブ活動や、4枚のアルバムを発表して走り続けてきたKalafinaの活動をまとめたいと思ったんですね。名刺代わりの2枚になって欲しいなと思っています。

Keiko:自分たちの活動や音楽の幅が、ライブ活動のおかげで広がっていったというのがあるので、この幅をどうやってKalafinaをあまり知らない方や、数曲しか聴いたことのない方に自己紹介すれば良いのかなと考えていたんですね。どの楽曲から聴けばいいか分からないという方もいらっしゃると思うので、こうしてまとめられた事がすごく嬉しいです。

Hikaru:ベストアルバムというと、もっと長く活動しているアーティストさんが出すイメージが私にはあったので、驚きはありました。でもKeikoが言っている様にまずはこれを聴いてくださいという2枚が出来た事が、出来上がってみて改めて嬉しく思っています。

――『Red』と『Blue』、それぞれ1枚で聴いても、通しで聴いてもKalafinaが歌ってきた曲達が物語の様に感じられました。選曲もかなり苦労したのではないですか?

Wakana:これまで70曲以上の曲を歌ってきたので、梶浦さんも選曲には悩まれたみたいなんですね。私たちも同じで、全ての曲それぞれに思い入れがあり、気持ちとしては全曲聴いて欲しいのですが、ベストなので、やはりシングルのタイアップ曲が中心になっています。ただそれ以外にもKalafinaの世界観を堪能して頂けるような選曲もあえて入れましたので、「こんな曲もやっているんだ!」と驚いていただけると嬉しいです。

Keiko:「Kalafinaってどんなジャンル?」って聴かれると、自分たちでも考えてしまうくらい色々な楽曲があって悩んでしまうんですね。そこで、1枚のアルバムを通じてKalafinaの世界観を体感して頂けるよう選曲しました。
ただどうしても1枚ではおさまりきれず2枚にわかれていますが、選曲のコンセプトは一緒で、時系列や楽曲の性質で分けるのではなく私たちの楽曲全体の幅や世界観の広さを色で表現した時に、「情熱的でエネルギーの象徴といえる」赤、「癒やしや人々を引きつける要素を持つ」青だと思ったので「Red」「Blue」と表現しました。

――毎回美しくて飾っておきたくなるアートワークが大好きなのですが、今回も赤と青のドレスを身にまとった写真が美しくて素敵ですね。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。