体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「普段とは違うくどまゆを見せたい」 舞台『ひとひら』一ノ瀬野乃役・工藤真由さんインタビュー(前) [オタ女]

kudomayu_01

極度の上がり症の麻井麦を中心とした演劇研究会のメンバーの友情を描いた桐原いづみさん原作『ひとひら』の舞台化。制作は演劇団体はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ(以下はぴどり)で、東京・中野区のWestEndStudioで2014年7月2日から6日までの間に全9公演が行われることになっています。

踊り手&イケメン総選挙ファイナリスト抜擢! 演劇青春マンガ『ひとひら』がホントに舞台に – オタ女
http://otajo.jp/39351 [リンク]

演劇研究会の代表・一ノ瀬野乃役に起用されたのは、『プリキュア』シリーズの主題歌などで知られる工藤真由さん。はぴどりプロデュース作品には『Vol.3 大正浪漫探偵譚』より継続して出演しており、代表の鈴木茉美さんも「何に対しても常に100%でぶつかれるし、現場のことも把握している」と全幅の信頼を寄せるまでの存在になっています。

そんな工藤さんに『オタ女』ではインタビューを実施。まずは舞台にかける思いから、野乃というキャラクターを演じる上でのポイントなどをお聞きしました。

kudomayu_02

ーー今回『ひとひら』の一ノ瀬野乃役を演じられますが、はっぴぃはっぴぃどりーみんぐプロデュース作品にはずっと出演されて、常連と言ってもいい存在になっていらっしゃいます。はぴどり作品に出演するきっかけは?

工藤真由さん(以下・工藤):実は、はぴどりさんの最初の公演の時にも(出演の)声をかけられたんです。当時は事務所に入っていたので実現できなかったんですが、「出たかったな」と思っていて…。知り合いが出演していたこともあって舞台を観に行った時に、代表の(鈴木)茉美さんにご挨拶させてもらって、「芝居をやりたいです」というお話をしたんです。それでオファーを頂いて、「ぜひ!」ということになりました。

ーー演劇をしたいという気持ちがずっとお持ちだったのでしょうか?

工藤:演劇には昔から興味があって、中学では演劇部に入って…。私、デビューがミュージカルだったのですけれど、それから5年間くらいは歌に専念していたんですね。それで「久しぶりに芝居をやりたいな」と思っていたところに、はぴどりさんとつながって、いろいろな役をやらせてもらえるようになりました。ほんとうに感謝しかないです。

ーー『Yes!プリキュア5』ではご自身で考えた振付を披露されてもいました。振りを決めたり覚えたりするのも得意?

工藤:小さい頃は、好きなアーティストさんの振りを完コピして、それが得意になっていきましたね。それで、自分流のダンスを考えたり…。振りを考えるのも好きですね。やっぱり表現できる仕事が好きなので、歌もダンスも芝居も、私でしか出せないものを出せるといいなと。

ーーそういったダンスや歌手としての経験を、お芝居でも活かすことができる?

工藤:常に人前に立っていたい、という気持ちがたくさんあるので、ありのままの自分でどのような表現ができるか、というところではダンスも歌も芝居もつながっていると思います。芝居だと、表情だったり声の出し方だったり、そういった表現力ですね。台詞を覚えて感情を乗せて話して感動させるというのが、すごい力を使うことなんだな、と大人になって分かるようになりました。

ーー今回の舞台『ひとひら』ですが、桐原いづみさんのマンガ原作があって、2007年にはテレビアニメ化もされています。最初に作品を観たり読んだりしたのは?

工藤:TVアニメは知っていました。漫画は、この話が決まって買って読みました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。