ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメン二郎の超超超超超超デカ盛りラーメンを食べてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ラーメン二郎と彼女、どっちをとるかと言われたら、0.1秒で「全部ましましラーメン二郎!」と返答できる自信がある。俺の血液はラーメン二郎で出来ている。
点滴で直接血管にアブラを流し込みたいぐらいだ。

ラーメン二郎には「男盛り」と呼ばれている最強クラスのデカ盛りラーメンがある。一部店舗だけで食べられる、究極のデカ盛り裏メニューだ。

しかし、それと同等なくらいデカ盛りなラーメンが、ラーメン二郎の八王子野猿街道店2に存在する。

私が食べたのは、大ラーメンの全部マシマシ。有料トッピングは、うずらの卵、BB(魚粉)、しょうが、たまねぎたまごである。もちろん無料トッピングは全部マシマシ。

ごっつい麺がバキボキ食感で最高。シャキシャキとしたモヤシは、最初はプレーンな状態で食べ、あとからスープをかけて食べると味にメリハリが出て最高。魚粉がスープと共にモヤシにからんでいき、一気に万人受けする味に変わるのだ。

生卵をといた液はスープの強い味をマイルドに変化させる役割をしている。

隣の客に聞こえない声で「二郎ちゃん美味しいね……」「二郎ちゃんの味だね……」と呟きつつ食べる。そうする事で、ラーメン二郎で食べている幸せを心に刻み込む事ができ、美味しさが倍増したように感じる(本当)。

食べ終わったあとは、すぐに席を立たず目を閉じ、顔を斜め上に向け、食べているシーンの回想を10秒程する。手は腕組をした状態がベストだ。そして静かに「はい」と自分で自分に語りかけ、振り向かずに「どうもね」と言って店を出る。

By Shacho

記事: Buzz+(バズプラス)











記事: http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP