ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自然乾燥の鬼!「ハンギングドライネット」を試してみる[焚き火部]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェ通焚き火部です。今回は、キャンプのときに便利なコールマンの「ハンギングドライネット」をご紹介。実際にキャンプ場で使ってみながら紹介していくぞ。

キャンプ場にいくと見かける「ハンギングドライネット」。
ご存知だろうか。キャンプなどで使う食器を乾かすために使うのである。
テントやタープのポールにちょいと引っ掛けて、このネットの中に洗った食器を入れておくと、自然乾燥で食器が乾いてしまう、というわけだ。

アウトドアを楽しみながら、自然の中で自然乾燥をする……これぞ自然乾燥中の自然乾燥である。キングオブ自然乾燥である。

そしてこのネットの凄いところは、乾燥だけではない。

キャンプでは焚き火やBBQなどをやることが多いだろう。多いだろうっていうか、ほとんどの人がそれを楽しみに行くわけだ。我らガジェ通焚き火部も、必ず焚き火をおこなう。

食事よりもなによりも、焚き火が好きだからだ。

焚き火をおこなうと、灰が舞ってしまうことがある。灰は風下へ飛んでいき、そこにあるものに付着してしまうのだが、このハンギングドライネットは、そんな灰の付着なんかも防いでくれるのだ。乾燥だけじゃないのだ。

もちろん、灰を飛ばさなきゃいいわけなんだが、焚き付けに新聞紙などを使ったり、そしてそれをウチワで扇いで酸素を送ったりしてると、ふわふわ~っと灰が舞ってしまうわけだ。

キャンプ場では気づいたら灰まみれ、ってのはままあることなのだが、それを防いでくれる。
さらには、虫がとまるのを防いだり、その他空気中を風に乗って飛んでくるものが食器にペタッと付くのを防ぐこともできる。

なんとも便利な代物である。

食器なんてそこらへんに置いときゃ乾くんじゃね? と思っている方。キャンプ場では意外と、食器を綺麗に置ける場所ってないものですよね? どうでしょう。

そしてこいつの優秀なポイントがもうひとつ。収納時のコンパクトさ。蚊取り線香ぐらいのサイズに収まるのだ。

こんなにコンパクトになるのに、ひろげたらネットの中は3段になっており、種類別に分けて入れることができるんです。

僕は洗ったメガネを最上段に入れることにしている。食器じゃないけど。

ところでこれ、使ってて思ったのだけど、ジッパーが最上段から最下段まで一つになっていて、上から下へジッパーを下げると閉まる、という形になっている。

例えば両手に食器をもって、ハンギングドライネットに、食器を入れようってときに、この形だとちょっと開けづらい。
上から下へジッパーを下げると「開く」という、逆の形なら収納しやすいのだけど。
こうなってるのは、なにか理由があるのだろうか。

さらにいうと、3段にわかれている、段ごとに開け閉めができたら、便利かもしれない。

細かく気になる点はあるものの、ハンギングドライネットがキャンプの強い味方であることは確かだ。
ガジェ通焚き火部でも常備品としようと思う。

カテゴリー : エンタメ タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル・東京産業新聞社社長。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP