ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PS4『ウォッチドッグス』プレイレポ その0:楽しいハッキングライフがはじまるよー!編(ゲーム紹介と初回特典について)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

皆さんこんにちは。ライターのあいひょんといいます。

2014年6月26日に発売となった『ウォッチドッグス』のPlayStation 4版を入手しましたので、プレイレポ その0と称しまして、序盤をプレイした上でのゲーム紹介をお送りしていきたいと思います。あと、初回特典の話も。
より具体的なゲーム内容の紹介は、プレイレポ その1以降でできればと思います。

ネタバレ的な内容は含まれておりませんので、安心してお読みいただければと思います。

そもそも『ウォッチドッグス』ってどんなゲーム?

一言で説明するなら「街中のあらゆる電子機器をスマホでハッキングできちゃうお兄さんが主人公のオープンワールドゲー」です。

舞台はctOSというシステムにあらゆるインフラをコントロールされた現代のシカゴです。信号機や変圧器などの生活インフラの制御はもちろんのこと、すべての個人情報や通信もctOSは収集しています。ctOSが有用に働くのは犯罪が発生したときだけでなく、犯罪の可能性を探知した際は事前にアラートを発することで犯罪の発生を未然に防いでいます。住民はctOSによる統制を疑うことなく受け入れているようです。(道行くNPCが喋っていたのですが、この世界ではタイムカードの管理もctOSが行っているみたいですよ)

主人公エイデン・ピアースはかつて、自らのハッキングスキルを活用して危険な裏稼業で大金を稼いでいましたが、失敗から身元を特定されてしまいます。実の妹・姪・甥とドライブしているところで命を狙われ、姪のレナを失ってしまいました。
エイデンは裏稼業から足を洗い、自らの暗殺に携わった人間が誰なのかを突き止めようとシカゴを暗躍します。

暗躍といっても、エイデンは『アサシン クリード』シリーズの歴代主人公たちのように屋根を走ったり壁を登ったりはできません。高いところに登る際は、普通の人でも登れそうな足場を用意する必要があります。

エイデンは銃火器や警棒のような武器を持っていますが、最も信頼できる装備はctOSや個人の端末へのハッキング機能を有するスマートフォンでしょう。
監視カメラをハッキングして遠くの様子を確認したり、警察車両に追われてしまった際は信号機や車止めを操作して足止めをすることができます。
ハッキングで操作できるオブジェクトは本当にいろいろ用意されており、変圧器や水道栓を爆発させて人目を引いたり、リフトの昇降やゲートの開閉などを自由に制御することもできます。街中を歩いていると、「あ、これも使えるんだ!」と驚かされること必至でしょう。

またスマートフォンを片手にシカゴの街を歩くと、NPCそれぞれに用意されたプロフィールを確認することができます。そのNPCの持つ趣向や近況は特に大きく表示され、プレイヤーにとってどうでもいい内容ばかりですが(例えば「警察もののリアリティ番組をよく見る」「定期的に瞑想中」「ライブアクションRPGのプレイヤー」など)、情報のどうでもよさがむしろ本物の人間みたいで、この世界をリアルに見せる調味料の役割を担っています。
プロフィール情報の枠が青いNPCもしばしば歩いており、そのNPCの持つ端末をハッキングすると銀行口座からこっそりお金を貰うことができたり、素材を入手することができたり、購入できる車の種類が増えたり、スマートフォンから聞ける音楽が追加されたり、さらには犯罪発生の可能性を知ることができます(ctOSのデータベースにアクセスし、犯罪探知のサイドミッションを開始することができるようになります)。ちょっとしたコレクション要素になっているので、のんびり遊びたいときは街をぶらぶらしているだけで楽しいですね。

ゲームの難易度やエイミング補助の強さは好きなときに変更することができるので、アクションゲームがあまり得意でない方にもオススメです。

UBIソフトの特典グッズは毎度気合いが入ってる

初回特典のアートブックをPS4版のパッケージと比べるとこんなサイズです。

内容は、主要キャラクターのグラフィック資料、ステージのコンセプトアート、ストリートアートの拡大イメージに加え、以下の国内クリエイターからのコメントやイラストが掲載されています。(敬称略)

・Taku Takahashi(m-flo)
・佐藤大 ※単独コメントに加え、速水健朗との対談も掲載
・寺田克也
・清水栄一 x 下口智裕
・コザキユースケ
・神山健治

UBIソフトの特典グッズは毎度気合が入っています。冊子の特典はいずれのタイトルも内容の密度が濃く(タイトルによってはアートだけではなく攻略用のデータが載っていたり)、印刷や装丁もしっかりしています。

ちなみにこれまでに出たUBIタイトルの特典グッズで個人的に気に入ったのは、初代『アサシン クリード』の大判アートブックやPlayStation Vita『アサシン クリードIII レディ リバティ』のVita用ポーチ(チャック付きで実用性抜群!)などです。
近年は初回特典がDLCコードだけのタイトルも多いですが、冊子などのグッズが付くとやはり嬉しいですよね!

執筆時点(2014年6月28日)ではまだネット上でも『ウォッチドッグス』のアートブック付きが購入可能なようですので、気になる方は是非!

初回特典DLCやPS4/PS3専用DLCも

初回特典はアートブックだけではなく、6種類のDLC(武器x2、コスチュームx3、スキルブーストx1)をダウンロードできるコードも封入されています。

また、PS4/PS3専用コンテンツとして、3種類のDLC(ミッションx1、コスチュームx1、ハッキングブーストx1)も用意されています。追加コスチュームの中ではこれだけ白系の衣装です。フードは被っていませんが。
こちらのPS4/PS3専用コンテンツはコード入力ではなく、2014年12月31日までPlayStation Storeから無料でダウンロードできるという形ですので、購入された方はこちらもお忘れなく。

あいひょんの記事一覧をみる ▶

記者:

ライターもしくはただのゲームお化けです。書き物仕事を積極的に募集中。お話したい人はTwitterにて、どうぞ。

TwitterID: Aihyone

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP