ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーナーと二人三脚でDIY。福岡にも広がりつつある賃貸カスタマイズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

福岡市城南区樋井川の「吉浦ビル」。ここは、賃貸住宅なのに入居者の好みに合わせて内装を自由にカスタマイズできることから、住宅業界はもとより、住まいにこだわりをもつ人々からも注目を集めている。今回は、このような物件に住んでみたいけど「探し方が分からない」「自分でDIYできるか自信がない」という方の後押しとなるように、入居者の方に物件の探し方やDIYのポイントを伺った。

<入居者プロフィール>
加瀬太一さん(30歳)/シングル/会社員
■ 住まいデータ
所在地:福岡県福岡市城南区
アクセス:西鉄天神大牟田線「高宮駅」よりバス15分
築年数:築38年
間取り:1R/約29m2
家賃:43,000円(管理費込み)
入居時期:2013年11月

【画像1】間取図 Before/After(画像提供:吉浦ビル)

キーワード検索で偶然出合ったオンリーワンの住まい

昨今、首都圏では「カスタマイズできる賃貸住宅」が増えているが、福岡市城南区樋井川の「吉浦ビル」は福岡ではその先駆け的存在。躯体をむき出しにした状態で入居者を募集し、オーナーから渡される内装資金100万円をもとに好みの内装にリノベーションできるという仕組みだ。

「珍しい契約条件だったから最初は怪しいなと思いました(笑)」とは入居者の加瀬さん。以前は天神にもほど近い南区平和エリアの賃貸マンションに住んでいたが、コンクリート打ち放しの家に住んでみたいという思いがあり、新たな住まい探しをスタート。インターネットで「コンクリート・打ち放し・福岡市」などのキーワード検索をし、吉浦ビルを紹介している不動産サイトにたどり着いたのだそう。

もともとインテリアが好きでこだわりが強いこともあり、好みにカスタマイズできる賃貸物件に大きな魅力を感じたと話す。「天神など中心部からは離れていますが、普段は自転車で移動しているからあまり気になりません。自分のライフスタイルは保ちつつ住まいも充実しているから、かなりお得感がありますよ」

【画像2】今回訪問した築38年の第2吉浦ビル。取材当時は、3部屋がカスタマイズできる賃貸として貸し出し中だった。1階のテナントスペースはDIYの活動拠点とすべく工房を制作中(写真撮影:アポロ計画)

【画像3】改修前の様子。古き良き昭和の風情が漂う1DK(画像提供:吉浦ビル)

予算が足りない!? オーナーと真夜中の壁塗り

入居が決まると、部屋のデザインイメージを入居者とオーナーで共有し、それをもとに工務店へ必要な建材や作業費などの見積もりを依頼する。今回加瀬さんが思い描いた住まいは、インテリア雑誌から影響を受けた”ニューヨークのブルックリンの街並み”だ。古い建物や壊れたレンガなどをそのまま活かした空間にインスパイアされ、建材やマテリアル選びを行ったそう。

加瀬さんのイメージをもとにオーナーが業者へ見積を依頼したところ、なんと、資金の100万を大きく上回る結果に…。予算は抑えたい。でもこだわるところはこだわりたい。そこで、通常は職人さんの仕事である塗装や床張りを、工務店の指導を受けて加瀬さんとオーナーの吉浦さんの二人で行うことになった。

「ぼくの仕事が終わる夜の11時ごろから、夜な夜な塗装や床張りの作業をしました。ぼくも吉浦さんもこのとき初めて電動ドリルや電動ノコギリを使ったんです。大変だったけど、どんどん部屋ができあがっていく様子を見ているとめちゃめちゃ楽しかったですよ」

【画像4】工務店の担当者との打合せ。「理想の部屋をイメージしてオーナーと共有することはすごく大事だと思います。インターネットで検索して、イメージする空間の画像をどんどん集めて吉浦さんにLINEで送りました」(画像提供:吉浦ビル)

【画像5】トイレの奥は浴槽を外したシャワールーム(写真撮影:アポロ計画)

【画像6】(左)ほかの壁はペンキだがここだけは黒漆喰で塗装。予算を抑えるために漆喰塗料も材料を混ぜて自分たちで手づくり(右)以前使われていたガス管を洋服掛けとして活用。大人2人がぶら下がっても外れないほど設置強度を補強している(写真撮影:アポロ計画)

良いオーナーとの出会いが満足の秘訣

加瀬さんは吉浦ビルに住むまではDIYの経験はほとんどなかったそうだが、ここまで完成度の高い部屋ができたのはなぜだろう?

「良いオーナーに出会えたのが一番大きいと思います。自分で自由にカスタマイズしてみたいとはいえ、知識や経験がないと一人ではなかなかできないですよね。自分はオーナーがアドバイスをくれて工務店の方との接点をつくってくれたことでかなりスムーズに取り組めました。賃貸だけど自分の家をつくっているという感覚です。将来新築で家を建てる日のための予行練習をしているようでした。まだまだ福岡ではこのような賃貸住宅は少ないので、住んでみたいという人には伝えていきたいですね」

ビルの管理だけにとどまらない、新たな価値観をもって入居者の思いに寄り添えるオーナーがいることで、もっと住まいが豊かになる。吉浦ビルのオーナーと入居者の関係は、福岡の賃貸業界にとっての新しい風となるはずだ。

【画像7】(左)天井に残されていたS字フックにはスカイプランターを設置。新しい住まいになって広がった趣味のひとつだ(右)加瀬さん手づくりのカウンター。床材で余った端材を木工用ボンドでランダムに張りつけ。でこぼこを利用して、ところどころ小物やミニ植物が置かれている(写真撮影:アポロ計画)

●オーナーからのメッセージ
賃貸住宅といえば、きれいに使ってきれいに返すというような、仮住まい的な考え⽅をするのが⼀般的です。私⾃⾝ DIY が好きで、カスタマイズできる賃貸住宅があればと思い、このようなビルを考えました。留学した際、海外では⽇本と違い、建物が古くなっても壊さずに⼿を加えながら好みの住まいをつくるのが⼀般的だということを知りました。今はまだ好きな壁紙を貼っても退去時は原状回復が必要な物件が多いですが、今後は吉浦ビルのような賃貸住宅が増えていくことで、日本の住生活がもっと楽しくなっていくんじゃないかと思っています。
有限会社吉浦ビル 代表取締役 吉浦隆紀氏●取材協力/有限会社 吉浦ビル
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/06/27/64568/

【住まいに関する関連記事】

昭和の香り残る美野島商店街に誕生した、福岡発の人情味あふれるコステル
未来を担う若者の活動にも注目が集まったリノベEXPO in 九州
地方発!実践的な空き家活用を学べる「リノベーションスクール@北九州」
おもしろい仕事に人は集まる。クリエイティブ集団KOO-KIの働き方
つくるところから参加できるシェアハウス「ユウトヴィレッジ」

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP