ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お取り寄せ】プチプチはじけるスパイス! 『イトリキカレー』はオトナの味わい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回のお取り寄せは、地酒愛飲家やカレー愛好家に人気のお店『糸力(いとりき)』から、『イトリキカレー』。
山梨県富士吉田市に本店を構える『糸力』は、和風インドカレーと全国の銘酒にこだわる居酒屋。あの糸井重里さんも推薦しているというこちらのカレーを再現した『イトリキカレー』を、さっそく編集部で試食してみました!


もともと『糸力』のご主人が一日に数名のお客さんに食べさせるために作っていたカレーですが、それと同じものをレトルトパック詰めにしたものがこの『イトリキカレー』。塩と小麦粉を一切使わずサラッとしたルウと、ホール(全粒)のまま入ったスパイスの食感が特徴です。お味はビーフ、インド、ココナツの3種類。


まずはビーフからいただきます。


しょうゆとトマトベースの日本人好みの味付け。


口いっぱいに広がる牛肉のコクと、噛むたびに舌をピリリと刺激するホールのスパイス。一般的なビーフカレーとはひと味違いますが、どこか懐かしさも感じられるカレーです。

食べてみた感想は?

・スパイスがぴりっと効いていてかなり辛めだけど後を引く美味しさ。汗を拭きながらどうぞ。 (30代女性)
・サラサラのルウに、広がる甘味と後引く辛さ。牛肉がとてもよく合います。 (20代男性)
・疲れが一気に吹き飛びそうな回復力を秘めていそうです。 (30代男性)
・色んな香りが鼻を抜けていきます。甘みがあって美味しい。(20代女性)
・「このビーフカレーが自宅で、しかもレトルトで食べられるなんて!! 」というくらい、とても贅沢な美味しさです。かなりピリリと感じるスパイスの調合からもこだわりが感じられますので、是非、一緒にいただくお米にもこだわって味わいたい一品ではないでしょうか。 (40代女性)


次はインドを実食。


スパイシーな中にも、すりおろし玉ねぎのほどよい甘さ。じっくり煮込まれた鶏肉は、噛めば噛むほど旨味がしみ出します。

食べてみた感想は?

・グワー! 辛い! 辛いぞ!! しかし味はさっぱりしていてしつこくない。暑い日にこんなカレーをガーッとかきこみたい! (20代女性)
・サラっとしたルーが味覚を刺激するスパイシーなカレー。意外とあっさりめなのでガツガツ食べて汗をかけそう。 (20代男性)
・独特の酸味と辛味の本格的な味。さらさらしているので辛さの割に食べやすく、後に引く辛さがあります。 (30代男性)
・カルダモンが効いていてさっぱりしてます。米で食べるのであれば長粒米の方があうかもしれません。 (40代男性)
・丁寧に煮込んであるチキンの旨味が活かされていて、まるで、カレー専門のお店でいただいているような本格的カなレーです。 (40代女性)


最後はココナツ。


辛さ控えめのココナツは初心者にぴったり。


スパイスとココナツの風味豊かなポークのカレーです。

食べてみた感想は?

・シャリシャリしたスパイスの食感がおもしろい。まろやかなココナッツのお味もいいですね。(20代女性)
・ココナッツのマイルドさがカレーにマッチして食べやすい。まるっと入ったスパイスそのものも味わえる二度美味しいカレー。(20代男性)
・スパイシーな香りがすごく食欲をそそる。スパイスが粒のまま入っているのをかみ砕くのが独特な食感を生み出している。(30代男性)
・辛さが控えめでココナッツミルクの甘味があるカレー。スパイスの食感とよく煮込まれた豚肉がおいしい。(20代女性)
・シナモン・カルダモンでしょうか……こちらもさわやかなスパイスが特徴のカレー。ココナツミルクとスパイスがうまくマージされ、イイトコドリ! の風味でした。(40代男性)

ちなみにご主人によると、この『イトリキカレー』はお店で出しているカレーを95%再現したものなのだとか。カレー好き必食の『糸力』のカレー。お取り寄せして感動した後は、実際にお店に足を運んで本物の味を確かめてみるのもオススメです。

糸力【イトリキカレー 三味セット】

■価格:1728円(税込)
■内容量:1袋200g × 3袋入り
■賞味期限:製造日より2年
■種類:ビーフ/インド/ココナツ
※1種類での販売もあります。

糸力 公式サイト
http://www.itoriki.com/

(写真撮影:ガジェット通信撮影班 周二郎探検隊)

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP