体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TV番組に登場したふなっしーが15分ひたすら暴れ続けるも放送事故に配慮 「これ大丈夫なっしーか?」

ふなっしー キャラ弁


CS放送『すごいね!ご当地キャラ弁!』
という番組があるのはご存じだろうか。この番組では毎月ご当地キャラを番組に呼んで、そのキャラのキャラ弁の作り方を紹介している。

19

この第9回(6月分)のゲストが、なんとふなっしー

その時の様子を、番組協賛である日本トリム社が『YouTube』に公式動画としてUPしているのだが、何の告知もしていないにも関わらず4万再生を突破してしまっているのだ。これまでの“ふなっしー人気”だけがこの動画の人気を支えているというわけではなさそうだ。今回はこの動画のカオスな内容を紹介したい。(リンクは後述)

15分間、ずっとテンションが上がりっぱなし。ずっと。

スタートするや、いつもの調子でトップギア入れっぱなしアクセル踏みっぱなしのふなっしーが登場。開始10秒でホイールスピンする勢いだ。

29start

その勢いに進行役のお姉さん(三瓶京子さん)も山口料理長も押され気味(引き気味?)なのがすでに含み笑いを誘うポイントだ。

1

するとふなっしー、「もともとナシの妖精なっしなー。(ボディを)ナシっぽく、くすんだ色にしてブツブツ付けてみたら気持ち悪かったなっしー」と生い立ち(制作秘話?)を披露し始める。

いいのか、ナシの妖精。

空気を察したお姉さん「で、でも今、かわいくて人気モノだよね! ブルーの洋服もかわいい」と切り返し。

「真っ黄色にしてみたら、かわいくなっちゃったなっしーな!」(ブルーの洋服は)「船橋の海のイメージなっしーな。マリンブルーなっしー!」と、船橋押しするふなっしー。なんだか、ご当地キャラっぽい。

料理は随所に工夫だらけ

3

体はチキンライスに、卵黄だけで作った薄焼き卵でくるんで作成。可愛らしい黄色がより引き立つというわけだ。

9

しかし料理を作っている間もふなっしーの“奇行”は止まらない。(むしろ通常営業だが)

「いいにおいなっしーな……ファー……アアアアアアアアアア」と叫びながら次の瞬間、「ファッ!!」と表情が一変。

4

思わずたじろぐお姉さんと、動じず黙々とチキンライスを炒める料理長。こうしたシュールなコントラストがこの動画の見どころだろう。

「あまりにも鮮やかな黄色にしたせいでナシって気づかない人がいるなっしーな」作成秘話を続けるふなっしー。お姉さんは深く掘り下げないでにっこり笑う。オトナである。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。