ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、異るフィットネスアプリやウェアラブルデバイス間でデータを共有できる健康管理サービス「Google Fit」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがGoogle I/O 2014カンファレンスでAndroid向けの新しい健康管理プラットフォーム「Google Fit platform」を発表しました。Google Fitは、スポーツ・フィットネス用のアプリやウェアラブルデバイスで取得した各種データを別のアプリ・デバイスと共有することを可能にするAPI群のことで、Android “L”と同時期にリリースされる予定です。アプリ開発者向けのGoogle Fit SDKは数週間中にリリースされることになっています。大抵のフィットネスアプリやウェアラブルデバイスではデータをそのアプリ・デバイスだけでしか管理できませが、Google Fitを利用すると、例えば、歩数をAアプリで、睡眠時間をBアプリで記録していたとして、AアプリでBアプリの睡眠時間を表示することも可能になります。バラバラで記録されている各種データを一箇所で管理できるようになるので、より高度なデータ解析も可能になると考えられます。Googleは発表の中でNike、Adidas、Asus、HTC、Intel、LG、Withings、Mio、Motorola、Noom、Runtastic、RunKeeper、Polar、BasisとGoogle Fitでパートナーシップを締結したことのほか、NikeとAdidasがGoogle Fitを利用した新サービスを今後ローンチする計画を明らかにしました。


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、薄型LTEスマートフォン「Ascend G6」を明日6月27日に国内発売
Androidロゴの書体が刷新
Google、キャリア決済サービスのWi-Fiタブレット対応化を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP