ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

己の対ゾンビスキルを試すとき!! 『ゾンビ防衛大学』体験型アトラクションが大阪に登場[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

世にゾンビがはびこってしまったら、私たちはどう対処するのか。そんな私たちのゾンビ対処能力を試すかのような体験型アトラクションが大阪・心斎橋に登場! その名も『ゾンビ防衛大学 THE ZOMBIE HORROR HOUSE』です。

『ゾン大』創設者から届いたメッセージによると、「我々はここ数年、特に秋頃に日本で一番多くのゾンビが目撃されているここ大阪に、最初のゾンビ防衛大学日本校を設立することにした…」とのこと。
“日本で一番多くのゾンビが目撃されているここ大阪”……本当ですか! 大阪こわい!

『ゾンビ防衛大学 THE ZOMBIE HORROR HOUSE』

【アトラクション構成】 ライブショウ+ルート分岐型ウォークスルー+リアルゲーム
【開催場所】 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 北館14階 イベントホール
【開催期間】 2014年7月19日(土) 〜 8月25日(日) 〔38 日間〕 ※会期中無休
【営業時間】 午前10時〜午後8時(最終入場午後7時30分)
【料金】一般 当日:800円 前売り:600円
大学生・高校生・中学生当日:600円 前売り:400円
小学生 当日:300円 前売り:200円 (未就学児は無料)
※リピーター割引サービス有り

舞台は、建設中の『ゾンビ防衛大学』解放区域での体験入学会。
ゾンビ制御装置“ゾンバリアー”によってフリーズ状態になっている”安全な”はずの演習用ゾンビが大量移送されています。しかしそこで我々を待ち受けるのは、演習か実戦か分からない恐怖の対ゾンビ・ブートキャンプ!

お化け屋敷のようなウォークスルーアトラクションをベースにしながら、プレイヤー自らの選択によって分岐する展開で、何度でも楽しむことができるようになっていますよ。
また、恐怖度が二種類用意されており、キッズ・ファミリー・怖がりさん向けの“普通クラス”、ゾンビ数を圧倒的に増やした“夜間クラス”があります。さあ、あなたはどっちを選ぶ? 両方行ってみるのも良いかもね!

【誰でも楽しめる -恐怖度選択- 】
[普通クラス] キッズ・ファミリー向け 恐がりの方でも進みやすいモード:午前10時〜午後2時
[夜間クラス] ゾンビ増殖 最恐モード:午後2時〜午後8時

このアトラクションを手がけたのは、『リアル廃墟お化け屋敷 婆医のハザード』や映画『呪怨』のお化け屋敷『恐怖の呪怨部屋』をプロデュースしたお化け屋敷のスペシャリスト“マイケルティー”氏。きっと今回も私たちを震え上がらせ、存分に楽しませてくれることでしょう!

体験型アトラクション『ゾンビ防衛大学 THE ZOMBIE HORROR HOUSE』は7月19日より大丸心斎橋店イベントホールにて開催です。

このほか、ホラー映画、ホラーゲーム、ホラーイベントの情報は『ホラー通信』をご覧ください。

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP