ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次期Androidは64bitに対応、AOSPで行われた変更で判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidが次期メジャーアップデート版で64bitに対応しそうだということが海外メディアで報じられています。このことは、AOSP(Android Open Source Project)のマスターブランチで最近行われたグーグラー Andrew Hsieh氏による変更の説明によって予想されていることです。彼は、「Change 99021」の中で、“Android-L”という暫定的なAPIレベルでは、64bitに対応することをコメントに記しています。“L”はコードネームの頭文字?

64-bit in android-LTentatively rename 64-bit API level to non-numeric: ‘L’

いずれにせよ、Androidが近々64bitに対応することは明白です。先週は、アプリの仮想マシンがDalvikからARTに変更されることも判明しており、24日に迫ったGoogle I/O 2014カンファレンスで、これらの変更が発表されるものと思われます。Source : AOSPXDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、「Google Glass」を英国で発売開始、Google Playストアの商品ページもオープン
これがAndroid “L”リリースのUIの一部?
NTTドコモ、Galaxy S5 SC-04FのVoLTE対応化アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP