ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4の隠された新機能「Head Up」を全てのAndorid 4.4端末で有効にするXposedモジュールがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cyanogen Incの公式ブログでAndroid 4.4に隠されていることが判明した「Head Up」。それをCyanogenMod以外のAndroid 4.4端末で有効にするXposedモジュール「Head Up Notifications」がリリースされました。「Head Up」は、Androidの通知を画面上にポップアップで表示する新しい通知システムのことです。Android 4.4には組み込まれているものの、標準では有効になっておらず、利用でいない状況なのですが、それをどのAndroid 4.4端末でも利用できるようにするのが今回のXposedモジュールになります。Android 4.4にはアプリをフルスクリーンで表示する「Immersiveモード」が実装されており、それが有効の場合は、ステータスバーが非表示になります。その状態でも通知を確認できるよう併せて実装したとみられます。アプリで「Ongoing Notifications」にチェックを入れるとHead Upが有効になり、通知がポップアップされるようになります。「Blacklist」にアプリを追加すれば、そのアプリの通知がポップアップされくなります。「スクリーンショット」や「入力方法の選択」といったシステムメッセージを表示させないようにすることもできます。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Big Tweeets : TwitterのツイートをChromecastに転送するAndoridアプリ
NTTドコモ、一時停止していた「ムーヴバンド2(ブラック)」の販売を6月26日に再開、対象品の所有者には改善品と交換
次期Androidは64bitに対応、AOSPで行われた変更で判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP