ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

arai tasuku、新MV&FreeDL「Time passing Bell」公開、初の関西ツアーも決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人の心に眠る悪夢を芸術に昇華する鬼才・arai tasukuが「Time passing Bell」のミュージック・ビデオを公開すると共に、同曲のフリー・ダウンロードをおこなっている。また、初の関西ツアーの開催も発表された。

今年3月の1stアルバム『Sin of Children』リリースと共に地上に現れ、ライヴ、音の個展、様々なメディアとのコラボにより注目を集めている“滅びの音楽家”arai tasukuが、『Sin of Children』収録曲より新MV「Time passing Bell」を公開した。11歳の殺人犯として歴史に名を残している「メアリー・フローラ・ベル」をモデルにしたというこの楽曲の、穏やかで衝動的な心境を色鮮やかにアニメーションで表現したarai tasukuならではの美意識を感じさせるダークでポップな作品となっている。

arai tasuku – Time passing Bell / ベルの時計は壊れない Feat.GOAMI LUNA (from AJYSYTZ)

https://www.youtube.com/watch?v=gmPhzrApUX8

この楽曲を歌いあげているのは、TVドラマ『アリスの棘』の劇中歌を担当し、その特徴的な歌声で日本中から「あの声はいったい誰!?」と注目を浴びたAJYSYTZのボーカリスト、五阿弥瑠奈。『Sin of Children』制作時にarai tasukuから同楽曲への参加オファーを受け自ら作詞も担当している。「Time passing Bell」はarai tasukuオフィシャルFacebookページで「いいね!」を押すことによってフリー・ダウンロードすることも出来るので、早速Facebookを見てみよう。

また、7月13日(日)14日(月)には自身初となる関西でのライヴ〈机上の雨、床下の夜。〉を岡山、神戸にて開催することが決定。地べたに座って音を操る独特のライヴ・スタイルは、「悪夢のおもちゃ箱をひっくり返したよう」「子供の頃のトラウマや記憶をひっかきまわされた」と絶賛され、ラップトップ・ミュージシャンの中で異質な世界感を醸し出している。きっとあなたも退廃的で耽美なパフォーマンスに陶酔してしまうだろう。ライヴにはkilkrecordsより女性シンガー・ソングライター、千代によるソロ・ユニットkotturも参加。こちらも注目してほしい。(岡本貴之)

・arai tasukuオフィシャル・ウェブサイト
http://www.araitasuku.com/
・arai tasukuオフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/araitasukumusic/app_128953167177144
・arai tasukuの作品はOTOTOYから好評配信中!!
http://ototoy.jp/them/index.php/82400

〈arai tasuku “Sin of Children”release Tour『机上の雨、床下の夜。』〉

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP