体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クライマックスへ! 31歳男性が挑戦 ガチアスリートダイエット(第3.5回)

クライマックスへ! 31歳男性が挑戦 ガチアスリートダイエット(第3.5回)
4月下旬に始まった、31歳のビジネスパーソンが約2ヶ月半でマイナス8.8キロのダイエットを目指す連載企画「久保田裕也の“だからお前はデブなんだ”」。
挑戦するのはジン君。身長は173センチ。初測定だった4月23日の体重は81.8キロで、身体はまさに「だんご」(男子)といった具合のむっちり感だった。ちなみにジン君自身、おだんごが大好きらしい。

それから2ヶ月が経過した。ゴールデンウイークが過ぎ去り、梅雨入りが宣言され、ワールドカップが開幕した怒涛の2ヶ月だったが、その間も、ジン君はダイエットに励んできた(と思う)。

ダイエットの基本的なメニューは運動と食生活の改善。コンセプトは「健康的に痩せる」だ。
ただ痩せるだけなら、食べる量を落とせばいい。しかし、それでは身体への悪影響があるのはもちろんのこと、後に待っているのは「リバウンド」だ(その仕組みは第2回の記事を参考にしてほしい)。
毎日の運動と基礎代謝をあげるための活動、そして食生活の見直し。特に“食べることが好き”な人たちにとって重要なのが運動であり、そこが健康的に痩せる鍵となる。

気づけば、2ヶ月前と比べて体が少しスリムになった気がする。
いや、間違いなくスリムになっている。

しかし、問題は目標体重に向けて順調に落ちているかどうかだ。数値目標を設定した以上、そこに届くか届かないかでは大きく違う。

ジン君の場合、次のような感じで体重は推移してきた。

4月23日(第1回)・・・81.8キロ
5月8日(第2回)・・・80キロ
6月5日(第3回)・・・78キロ
7月3日(最終回予定)・・・目標73キロ

最終測定まで1ヶ月を切ったところで、今回ジン君とトレーナー役を買って出てくれている、フルマラソン(42.195km)を2時間42分で走破するランナー社長・久保田裕也から、「半月が経った段階で一度、体重の測定とメニューの再確認をしたい」という要望が出た。

そして6月19日、急きょ「第4回(最終測定)」の前に、「第3.5回体重測定会」が行われたのだった。

→前回の記事はこちら(写真入り)
http://www.sinkan.jp/news/index_4735.html

「久保田裕也のだからお前はデブなんだ!」第3.5回
〜「残り2週間、どんなメニューをこなせばいい?」編〜

久保田「大丈夫か?」
ジン「どうしたんですか?」
久保田「ダイエットで体調崩してない?」
ジン「大丈夫ですよ、ピンピンしています。以前は通勤電車で座りたくて仕方なかったのに、今は立っていても平気でいられるようになりました」
MTK「効果が出てきていますね。では、まず測定を…」

軽やかに体重体組成計に乗るジン君。やっぱり痩せてきてるよ。

クライマックスへ! 31歳男性が挑戦 ガチアスリートダイエット(第3.5回)

2週間を残しての、現在の体重は76.6キロ!
前回測定から2週間で1.4キロマイナス。結構いいんじゃないか、これ。
驚く私、新刊JP編集部のMTKに、したり顔のジン君。にわかに盛り上がる。

さらに、いつも辛口のコメントで定評のある久保田も「うーん、まあもう少しっていう感じだけど、良い傾向だよ!」と褒めてくれた。

久保田「2ヶ月で5キロ減でしょ。これはちゃんとメニューをこなしている証拠だよ。デブ指数的に言えば、3キロって体調を崩して2食くらい抜かしたり、お腹を下したりするだけでも減るんだよ。全く健康的ではないし、体調が回復したら食べるからすぐに元に戻る。でも、5キロになるとガチで脂肪が減ったということなんだ」

クライマックスへ! 31歳男性が挑戦 ガチアスリートダイエット(第3.5回)

会議室に笑顔があふれる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy