ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ノーリツがスマートフォンと連携するキッチン用ガスコンロ「スマートコンロ」を発表、9月に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

湯まわり器具メーカーのノーリツからスマートフォンとの連携機能を備えたキッチン用ガスコンロ“スマートコンロ”が発表されました。スマートコンロは9月16日に発売される予定です。近年、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、家電も利便性向上や他社との差別化を目的にスマートフォンなどと連携するようになってきています。スマートレンジやスマート炊飯器、スマート冷蔵庫、スマート洗濯機などなど、主要な家電でも「スマート○○」なるものが多数登場している中、料理をされる方なら日々使っているコンロまでもがスマートデバイスとなって登場しました。では、ノーリツのスマートコンロは一体何がスマートなのでしょうか。ノーリツの発表によると、スマートコンロのスマートデバイスたる所以は、業界初の仕組みをいくつか導入したことで、コンロの操作性と料理機能に変革をもたらした点と、スマートフォンアプリとの連携機能による遠隔での管理機能、設定の自動化を実現したところにあるようです。スマートコンロの特徴としては、まずは「指先ひとつで直感操作」を実現したところです。これは「ツイストスイッチ」と呼ばれるコンロから着脱可能なノブ型スイッチを備えたことで、ガラス天板のノブを指でタッチ、スライド、回転させるだけで、点火や消火、火力の調節、タイマーの設定を行えるようにしています。スイッチをつまんだりすることがな、くタッチパネルのように軽々と操作できるそうです。次は、グリルを「マルチグリル」にアップグレードしたところです。従来からコンロの必須装備とも言えるグリルは焼き網を無くしたデザインを採用しており、業界初の「温度センサー付きバーナー」が下火用に搭載されました。温度センサーによって調理中の温度管理が可能になり、焼き網の代わりプレートを用いているので、焼き物だけではなく、オーブン料理や蒸し物などを調理可能にしています。最後は「スマート○○」らしい「スマートフォン連携」です。スマートコンロはスマートフォンとWi-Fiで繋がり、専用アプリでコンロの設定温度やタイマーの残り時間などをリアルタイムで確認することのほか、シピを閲覧したり、レシピサイト機能によってレシピに載っている調理モードを設定したり、強火や弱火などの連続的なタイマー設定も行えるようになっているそうです。スマートフォンと連携するスマートデバイスというよりも、次世代のガスコンロといった製品ですね。定価は338,000円+税となっています。Source : ノーリツ



(juggly.cn)記事関連リンク
Xtended NavBar : 操作ボタンしか表示されないAndroidのナビゲーションバーに音楽コントローラーや設定変更スイッチなどを追加できるXposedモジュール
Google I/OでSamsungのAndroid Wear搭載スマートウォッチが発表されるという噂
MozillaはFirefox OSを搭載したChromecastキラーを開発中、プロトタイプの写真とデモ動画が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。