体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さいたま水族館で庭池の魚が大量死した事件で逮捕者。本当に元従業員の犯行か?(ちほちゅう)

さいたま水族館で庭池の魚が大量死した事件で逮捕者。本当に元従業員の犯行か?(ちほちゅう)

今回はのりささんのブログ『ちほちゅう』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/602867をごらんください。

さいたま水族館で庭池の魚が大量死した事件で逮捕者。本当に元従業員の犯行か?(ちほちゅう)

このニュースを読み、非常に驚いております。

ことし4月、埼玉県羽生市にある県営の「さいたま水族館」の庭の池で、飼育されていたコイやソウギョなど、およそ300匹が死んでいるのが見つかりました。
水族館が調べたところ池の水から高い濃度の塩素が検出され、警察は何者かが塩素を含む薬品を意図的に混入させた疑いがあるとみて捜査していました。
その結果、薬品の鑑定や関係者の証言などから柳澤容疑者が事件に関与した疑いが強まったとして、威力業務妨害と器物損壊の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、容疑を否認しているということです。

「水族館で魚大量死 元従業員を逮捕」 2014年06月16日 『NHKニュース』
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140616/k10015261631000.html

さいたま水族館で庭池の魚が大量死した事件で逮捕者。本当に元従業員の犯行か?(ちほちゅう)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/021.jpg

というのは、先日、当ブログで公開した以下の記事。

「「さいたま水族館」で庭池のアオウオ、ソウギョらほぼ全滅。内部の人間のミスが原因の事故?(追記あり)」 2014年04月28日 『ちほちゅう』
http://webdirector.livedoor.biz/archives/52653623.html

こちらの記事を読んでだと思いますが、なんと、逮捕された容疑者本人から、メールをもらい、なんどかやりとりをしている最中だったからです。

要件は事件について知っているので詳細を伝えたいという話でした。
僕自身、忙しく、なかなか時間も取れないことからお会いしての取材は無理でしたので、メールにて質問を箇条書きにして出させていただき、それに対して回答をいただくという形を取らせてもらいました。

最初は全文公開するつもりだったのですが、先方が、告発者として個人を特定されたくないということもあって、頂いた回答をこちらで原稿にして、その内容を先方(容疑者)に確認してもらい、問題ないということであれば公開しようと考えていたわけです。
そこで、何度かやりとりをしていたのですが、返事が来ないと思っていたらよりによって逮捕されてしまっていたとは・・

こうなってしまった以上、彼の無実(かどうかは分かりませんが)の実証にもなり得るので、頂いたメール及びこちらからのメールまで全て公開しようと思います。
その上で、僕の見解を述べさせていただき、さらに皆さんの意見なども貰えたらと思っています。

まず最初にブログ専用の送信フォームから届いたメールです。

名前 = ◯◯◯◯(筆者注:当ブログでは伏せ字にさせて頂きます)
会社名 = 元さいたま水族館
E-mail = xxxxxx@xxxxxxx(筆者にて伏せ字)
電話番号 = 000-0000-0000(筆者にて伏せ字)
郵便番号 =
都道府県 = 埼玉県
住所 = 熊谷市
問い合わせ =
ブログを拝見させていただきました。
私は今年2月までさいたま水族館飼育課飼育展示係として働いてい者です。
私でよければ知っていることのお話しますのでよろしければどうぞ。
またmixiの方でもメッセージを送りました。mixiでは水族館にいた証拠もありますのでよろしければのぞいて見てください。

このメールからやりとりが始まります。
この段階で仮に犯人だとしたらなぜアポをとってきたのかが疑問です。
穿った考えたかをすると当ブログの記事を盾に無実を主張したかったとなるのでしょうがそれにしてもリスクが高すぎます。

1 2 3次のページ
政治・経済・社会
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。