体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネット実名は強者の論理。まじめに論じる匿名のメリット

My Life in MIT Sloan

今回はLilacさんのブログ『My Life in MIT Sloan』からご寄稿いただきました。

ネット実名は強者の論理。まじめに論じる匿名のメリット

テレビで行われた対談がきっかけで、ネット上のコメントを実名で行うべきとする“ネット実名” or 匿名を認める“ネット匿名”が再燃している。

このページに、その対談の内容が記されていた。
さかなの目-デキビジ 勝間vsひろゆきを文字に起こしてみる。
http://d.hatena.ne.jp/wt5/20100503

私は、基本的には「ネット実名論」は強者の論理だと思っている。実名で語り、議論することがメリットになる人々の論理だ。(しかも、その大体がフリーランスや大学教授などで、実名でやることが自分を売ることにつながる)

いわゆる識者で“ネット実名”にこだわる人たちを見ていると、刑事事件の対象になるような脅迫行為や、法的手段に訴えるほどの誹謗(ひぼう)中傷事件を減らす目的で「実名」を主張している、というよりも(中にはそういう方もいるが)自身のブログなどで、匿名で卑怯(ひきょう)な中傷を書かれた経験などから、「匿名だからあんなヒドイコメントかけるんだ。実名にすればなくなるはず」という程度の素朴な論理から発しているように見える。

私も根拠なき中傷を笑って流せるほど良く出来た人間でもマッチョでもないので、気持ちはよく分かる。いわんや有名人であれば、その中傷の数たるや想像を絶するだろう(特に『Twitter』で人格攻撃を受けている有名人を見ると、あれはひどいと思う。誹謗(ひぼう)中傷をスルーすると、「何故誹謗(ひぼう)中傷はスルーするのか?」、ブロックしたら「この程度でブロックされた」など、めちゃくちゃである)。

あるいは、彼らは普段自分の肩書きや経歴から、強い発言力を持つのが普通になってるが、ネット上では、自分の価値が“その発言の価値”だけになってしまうことに慣れてない人もいるだろう(ま、それに慣れろ、というのは酷かもしれないが……)。

さて、私は、ネット匿名にはメリットがたくさんあると思っており、実名にしたい人、完全匿名にしたい人、私みたいに半匿名にする人、自由にやれば良いと思う。特に、割と好きなことはいえるが、発言内容に一貫性を持てる半匿名はメリットが多い。

1.メリットの一つに、匿名の議論は、普通の倫理観を持った人で行われれば、肩書きを気にせずに考え方、情報、批判を書くことが出来、非常に有意義になり得る。

例えば、私のこのブログには、匿名でかなり有意義なコメントをくれる方が良くいらっしゃる。内容から察するに、恐らく業界関係者の人もかなりいると思われるが、仮に実名にして、会社名などと結び付けるのを可能にしたら、彼等の発言を聞けなくなってしまうだろう。

書いている内容はどの方も、守秘義務のある内容の暴露話でも、会社の価値を損ねるものでもない。正論であっても、それが会社名や肩書きに結びつけれると、いろいろ面倒なのである。そういうことを気にせずに、気軽に思ってることを書ける匿名のメリットは大きい。

また、多少感情的な批判であっても、その根底に本質があることがあり、良く考えると、役に立つことがある。実名では、なかなか批判など出来ない。でも、人間なら、だれしもネガティブなことを考えたり、思ったりすることはある。それを、自分の実名に結びつけずに“ぽろっと”もらしてくれると、なるほどそういう風に思う人もいるのか、とこちらもわかり、それが本質的な問題に通じていることもある。

匿名であるが故のノイズもたくさんあるが、ノイズがある気軽な環境だからこそ、意味のある見解(シグナル)も出てきやすい。

実際には99%の方が良識のある方で、匿名でも節度を保ったコメントをする。たった1%の人のために、これらのメリットを放棄するのはやりすぎ、と思っている。後で書くように、別の方法で対処したいと思っている。

2.更に、ネット上で有意義で面白いコンテンツを作ってくれる人がたくさんいるが、あれも匿名だからこそ、だと思う。

例えば、この前はやった孫正義のライブの書き起こしとか、上で紹介したテレビの対談の書き起こしとか、なんかのパロディとか、2次創作的なものとか。これも実名なら、著作権の許可を取る必要か調べないと、などと思うだろうし、なかなか面倒で出来ない(注:著作権の侵害はいけませんが)。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。